Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

この資料が適用される製品を表示する。

概要

System Center Configuration Manager Current Branch のリリース バージョン 1702 には、問題の防止と機能の改善を目的とした多くの変更が含まれています。

[修正される問題] の一覧には、すべての変更が含まれているわけではありません。 代わりに、製品開発チームがConfiguration Managerの広範な顧客基盤に最も関連していると考える変更が強調されています。 これらの変更の多くは、製品の問題と製品の改善のためのアイデアに関する顧客からのフィードバックに応じて行われました。 バージョン 1702 は、階層内の最上位サイトにインストールできるコンソール内更新プログラムとして使用できます。

インストール情報については、「System Center Configuration Manager用の更新プログラム 1702 をインストールするためのチェックリスト」を参照してください。

バージョン 1702 に含まれる変更の詳細については、「System Center Configuration Managerのバージョン 1702 の新機能」を参照してください。

修正される問題

オペレーティング システムの展開とタスク シーケンス

  • 状態移行ポイント (SMP) 上の状態ストア フォルダーが手動で削除された場合、期限切れのコンピューター関連付けデータの削除タスクが実行されているときに、携帯ショートメールエグゼクティブ サービスが予期せず終了することがあります。 さらに、同じ SMP 上の他の状態ストアが予期せず削除される可能性があります。

  • キャプチャ用に ConfigMgr クライアントを準備するタスク シーケンス ステップでは、キャプチャ用の準備Windowsに進む前にクライアントがアンインストールされるようになりました。 これにより、オペレーティング システム イメージのキャプチャ後にConfiguration Manager クライアントの初期化に影響を与える可能性のある問題が回避されます。

  • 多くの複雑なタスク シーケンスを使用する環境では、クライアントでタスク シーケンスを開始できない場合があります。 たとえば、35 ~ 40 個のタスク シーケンスがそれぞれ 100 ステップの場合、この問題が発生する可能性があります。 次のようなエラーは、クライアントの TSAgent.log に記録されます。 この問題が発生すると、最初の 2 つのログ エントリの間に約 5 分の遅延が発生します。 ポリシー env 変数の初期化 ローカル WMI でポリシーが見つかりません 応答にメッセージ ヘッダー マーカーがない ポリシーの割り当てを要求できませんでした (コード 0x80004005) TSPolicyManager の初期化中にエラーが発生しました。 コード 0x80004005 ポリシー環境変数の初期化中にエラーが発生しました。 コード 0x80004005 TS 環境の初期化中にエラーが発生しました。 コード 0x80004005 タスク シーケンス 起動ツールの提供情報が失敗しました。! コード 0x80004005 CTSAgent::Execute - タスク シーケンス マネージャーを起動できませんでした。

  • タイムアウト値 0 を使用して定義されたタスク シーケンスは、対応するメンテナンス期間が 12 時間未満の場合は実行されません。 次のようなメッセージが、クライアントの ServiceWindowManager.log に記録されます。

    WillProgramRun の呼び出し時: Runtime:43200、 Type:5
        この種類のサービス Windowsは存在しません。
    この期間の [すべてのプログラム] ウィンドウが存在しないか、すべてのプログラム ウィンドウがフォールバックとして使用されません。 プログラムは実行されません。

  • オプション コンポーネントを追加できるのは、Windows ADK のバージョンと Windows PE ブート イメージのバージョンが一致する場合のみです。

  • [ディスクの書式設定とパーティション分割] タスク シーケンスステップのオプションを変更すると、"このブート ディスクにする" オプションが選択解除されます。

  • 携帯ショートメールオフライン サービス マネージャー コンポーネントは、予期しない場合に、携帯ショートメール Executive サービスによって自動的に開始されます。 これにより、オペレーティング システム イメージが正しく更新されない可能性があります。

  • 全体管理サイト (CAS) の Configuration Manager コンソールでコレクションの [必要な PXE 展開をクリアする] オプションを選択すると、すべてのデバイスの PXE フラグが削除されます。

  • ブート イメージの追加ウィザードでは、以前のバージョンの Windows ADK を使用して作成されたイメージが、現在インストールされているイメージよりもインポートされません。 サイト サーバーの smsprov.log に、次のようなエラーが記録されます。

    ERROR> エラー -2146498530が返され、コマンド ライン "{dism.exe}" /Image:{imagepath}" /Add-Package /PackagePath:"{package_path}" が WIM ファイルに OSD バイナリを挿入できませんでした

  • タスク シーケンスは、ソフトウェア センターでは期待どおりに表示されません。 これは、Configuration Manager クライアントの新しいバージョンにアップグレードした後、すべてのクライアント ポリシーが処理されない場合に発生します。

  • アプリケーションのインストール タスク シーケンスの手順は、コンピューターを再起動する手順の直後に追加されると失敗することがあります。 この問題は、ソリッド ステート ディスクなどの高速ストレージを使用するコンピューターで発生する可能性が高くなります。 次のようなエラーが、クライアントの smsts.log ファイルに記録されます。

    アプリケーションのインストールアクションに失敗しました: '{deployment_name}'。 エラー コードの0x80004005

  • オペレーティング システムの展開に使用されるマシン変数は、Configuration Manager階層で正しくレプリケートされません。 これにより、これらの変数に依存する展開のタスク シーケンスエラーが発生する可能性があります。

サイト システム

  • IIS に依存するサイト ロールをインストールすると、"IIS 6 Management Compatability" などの特定の IIS コンポーネントが記録されるようになりました。

  • エラーは携帯ショートメール ポリシー プロバイダーによって記録され、次の条件に当てはまる場合、携帯ショートメールエグゼクティブ サービス (smsexec.exe) はサイト サーバー上のメモリを消費しすぎる可能性があります。

    • アプリケーションは、デプロイの種類を使用して作成されます。

    • [このアプリケーションを展開せずにアプリケーションのインストールタスク シーケンス アクションからインストールすることを許可する] オプションが有効になっています。

    次のようなエラーが policypv.log に記録されます。

    tsapphandler[ScopeId_...]: tsapp のポリシーの作成 (Deployment:SMS20000, App:ScopeId_...
    tsapphandler[ScopeId_...]:CI の割り当てを生成できませんでした。状態 = 1 (0x00000001)。
    tsapphandler[ScopeId_...]: トランザクションSQLロールバックします。 後で
    再試行します CIID {CIID} を使用してアプリケーションの TS アプリ ポリシーの変更を確認できませんでした。再試行します。

ソフトウェア配布とコンテンツ管理

  • タスク シーケンスで参照されているアプリケーションを廃止しようとすると、警告が表示されるようになりました。

  • App-V 展開の種類が発行されたときに、バージョン 1607 以降のWindows 10 クライアントで App-V クライアントが自動的に有効になりました。

  • 以前にデプロイされた ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーションの更新されたバージョンは、想定どおりにインストールされません。

サイト管理

  • ユーザー ポリシー (GPO) で構成されている Enterprise サイト モードリストを使用すると、Configuration Manager クライアントは独自のEnterpriseサイト モードリストを持つローカル コンピューター ポリシーを作成します。 そのコンピューター ポリシーが優先され、ユーザー ポリシーの Enterprise サイト モードリストが機能しないようにします。

  • 重複するハードウェア識別子情報はグローバルにレプリケートされません。 これにより、管理者は階層内の各子プライマリ サイトのリストを再作成する必要があります。

ソフトウェア更新プログラム

  • 複数のコレクションに属するサーバーは、クラスター化されている場合、ソフトウェアの更新プログラムまたは展開を受け取らない可能性があります。 これは、すべてのデバイスが 同じサーバー グループ オプションの一部である デバイス コレクションの 1 つだけが有効になっている場合に発生します。

更新プログラムとサービス

  • サービス接続ツール (ServiceConnectionTool.exe) が失敗し、SQL Serverがリモートでインストールされ、標準以外のポートを使用するように構成されている場合は、次のようなエラー メッセージが生成されます。

    未処理の例外: System.Data.SqlClient.SqlException: SQL Serverへの接続の確立中に、ネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。 サーバーが見つからないかアクセスできません。 インスタンス名が正しいこと、および SQL Server がリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください (プロバイダー: TCP プロバイダー、エラー: 0 - 接続済みの呼び出し先が一定の時間を過ぎても正しく応答しなかったため、接続できませんでした。 (プロバイダー: 名前付きパイプ プロバイダー、エラー: 40 - SQL Serverへの接続を開けませんでした) --
    -> System.ComponentModel.Win32Exception: ターゲット アカウント名が正しくありません

モバイル デバイス管理

  • Exchange Server コネクタでは、検出データを処理するときに easdisc.log ファイルに次のようなエラー メッセージが生成される場合があります。

    エラー: [MANAGED] 統計から EAS デバイスを作成するときに、未処理のシステム例外が発生しました。 [System.NullReferenceException: オブジェクト参照がオブジェクトのインスタンスに設定されていません。

    このエラーは、ホストされているExchange環境にのみ影響し、スケジュールされた検出には影響しません。 エラーが発生したときに関連付けられたデータが処理されない場合は、次のスケジュールされた検出中に処理されます。

  • Exchange クライアント アクセス サーバー (CAS) が Exchange メールボックス サーバーより前のバージョンの場合、Exchange Server コネクタはデバイスを検出しません。

クライアント

  • 既定以外の場所にインストールされたConfiguration Manager クライアントは、インプレース Windows 10アップグレード後にプロビジョニング モードでスタックする可能性があります。

Configuration Manager コンソール

  • [フォールバック境界グループ] ウィンドウで境界グループを検索すると、Configuration Manager コンソールが予期せず終了することがあります。 さらに、次のようなエラー メッセージが表示されていました。

    アプリケーションで未処理の例外が発生しました。
    InvalidArgument=Value of '1' は 'index' に対して無効です。
    パラメーター名: インデックス。

ビジネス向け Microsoft Store

  • 携帯ショートメール Executive サービスの再起動後に、ビジネス向け Microsoft Store同期が失敗する可能性があります。 WsfbSyncWorker.log には、起動直後に次のようなエラー メッセージが表示されます。

    System.ObjectDisposedException: 破棄されたオブジェクトにアクセスできません。

この更新プログラムに含まれる修正プログラム

バージョン 1610 用にリリースされた次の修正プログラムは、System Center Configuration Manager バージョン 1702 に含まれています。

  • 4010155 現在のブランチバージョン 1610 System Center Configuration Manager更新プログラムのロールアップ

  • 4016483 Configuration Manager クライアントのソフトウェア センターでは、新しい展開を使用できません

  • 4015436 System Center Configuration Manager バージョン 1610 の証明書登録ポイント エラー

  • 4015074 Configuration Manager 配布ポイントのプロパティに境界グループが追加されるとコンソールがクラッシュする

依存関係の変更

このリリースでは、Visual C++ ランタイムなどのコンポーネントの依存関係に変更はありません。

参考資料

SQLクエリがタイムアウトするか、特定のConfiguration Managerデータベース クエリでコンソールの速度が低下する

Current Branch 1702 のコマンドレット ライブラリの変更をSystem Center Configuration Managerする

System Center Configuration Managerのバージョン 1702 の新機能

適用対象

この資料は、以下を対象としています。

  • 2017 年 3 月にリリースされた v1702 System Center Configuration Manager

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×