現在サポートされているバージョンの Windows を搭載しているエンタープライズ コンピューターでウイルス スキャンを行う場合の推奨事項

対象製品:

Windows Server 2012 (すべてのエディション)
Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)
Windows Server 2016 (すべてのエディション)
Windows Server 2019 (すべてのエディション)
Windows 7 (すべてのエディション)
Windows 8.1 (すべてのエディション)
Windows 10 (すべてのエディション)

はじめに

この資料には、Active Directory ドメイン環境またはマネージ ビジネス環境でウイルス対策ソフトウェアと共に使用されている場合、管理者が、サポートされているバージョンの Microsoft Windows を実行しているコンピューター上の潜在的な不安定の原因を特定するのに役立つ推奨事項が記載されています。

注: 以下の手順を一時的に適用してシステムを評価することをお勧めします。 この資料に記載されている推奨事項によりシステムのパフォーマンスまたは安定性が向上した場合は、指示がないか、または更新版のウイルス対策ソフトウェアがないか、ウイルス対策ソフトウェアのベンダーに問い合わせてください。

重要: この資料には、コンピューターのセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を一時的に無効にする方法が記載されています。 これらの変更を行うと、特定の問題の性質を理解することができます。 変更を行う前に、特定の環境でこの回避策を実行した際に生じるリスクを評価することをお勧めします。 この回避策を実行する場合は、コンピューターを保護するために、ここに記載された処理以外にも適切な処理を実行してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×