エディターのスペルと文法の修正、文章の修正候補を確認するために、コンテキスト メニューを右クリックする必要がなくなりました。 代わりに、エラーを直接クリックして、修正候補を確認できます。 エディターの修正候補を確認するためのキーボード ショートカットは、Alt + 下方向キーです。

フラグが設定された用語を直接クリックして、エディターの提案を表示します。

右クリックに慣れている場合は、引き続き使用できます。右クリック用のキーボード ショートカットは、以前と同様、Shift + F10 キーです。

この変更は、以下を目的としています。

  • 校正プロセスの簡略化。

  • エディター以外の動きに気を取られることなく、集中して確認作業を行えるようにする。

  • 右クリックに不便さを感じる人のために効率化を図る。

ヒント: [貼り付けのオプション]、[翻訳]、[新しいコメント] などの操作を迅速に実行できるコンテキスト メニューは、引き続き使えます。 [その他のオプション] メニューから [すべての操作を表示] を選べます。

オーバーフロー メニューを開き、[すべてのアクションを表示] をクリックして、[貼り付けのオプション]、[翻訳] などのエディター以外のアクションを取得します。

または、フラグ付きの単語を 2 回右クリックします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×