現象

[ファイル システム] プロパティの [トラブルシューティング] タブで [すべてのドライブに遅延書き込みを行わない] オプションをオンにしても、[リムーバブル ディスク] タブの [すべてのリムーバブル ディスク ドライブで遅延書き込みを行う] の設定がオフになりません。

回避策

遅延書き込みを完全に無効にするには、[すべてのリムーバブル ディスク ドライブで遅延書き込みを行う] オプションをオフにします。 このオプションは、[ファイル システム] プロパティの [リムーバブル ディスク] タブにあります。


この設定をオフにするための具体的な手順については、この資料の詳細情報を参照してください。

状況

弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。

詳細

遅延書き込みを完全に無効にするには、以下の手順を実行します。


  1. [マイ コンピュータ] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [パフォーマンス] タブをクリックし、[ファイル システム] をクリックします。 そして [リムーバブル ディスク] タブをクリックします。

  3. [すべてのリムーバブル ディスク ドライブで遅延書き込みを行う] オプションをオフにします。

  4. [OK] をクリックして、[閉じる] をクリックし、プロンプトが表示されたらコンピュータを再起動します。

詳細

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
268154 (最終更新日 2000-08-01) をもとに作成したものです。


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×