この資料では、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 7 Service Pack 1 (SP1)、および Windows Server 2008 R2 SP1 の更新プログラムについて説明します。この更新プログラムをインストールする前に、「必要条件」のセクションを確認してください。

この更新プログラムについて

このパッケージは、既存のデバイスの診断と遠隔測定のサービスを更新します。このパッケージには、Visual Studio のアプリケーション情報は、購読済みのアプリケーションもサポートしています。この資料の内容は、パッケージの機能をより正確に反映するように変更されましたしに関連する Windows サービスです。

診断と遠隔測定のサービスについて

全体的なアプリケーション体験を支援

診断と遠隔測定のサービスは、Windows(CEIP) に参加している Windows システムの機能に関する問題の診断情報を収集します。CEIP レポートには、名前、住所、電話番号などの連絡先情報が含まれていません。つまり、CEIP は指示しませんアンケートに参加するか、迷惑メールを読むと、他の方法での売り込みはありません。 Windows ユーザーを変更できる Windows カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定] ページの Windows CEIP への参加によって、コントロール パネルを開き、アクション センターを選択する >変更アクション センターの設定>カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定

独自の診断と遠隔測定プログラムは、アプリケーション情報などのアプリケーションは、マイクロソフトに「遠隔測定」を転送するサービスによって異なります。アプリケーションのユーザーは、アプリケーションの設定でこれらのプログラムに参加することになります。

追加情報

この更新プログラムでは、SSL (TCP ポート 443) を使用して、マニフェストをダウンロードし、「遠隔測定」を次のような DNS エンドポイントを使用している Microsoft にアップロードします。

  • vortex-win.data.microsoft.com

  • settings-win.data.microsoft.com

この更新プログラムには、ユーザーが Windows CEIP プログラムやアプリケーションの情報を使用するアプリケーションなどのアプリケーションによって管理される具体的には「遠隔測定」プログラムに参加する場合、サービスによって使用される次の 2 つのマニフェストにはが含まれています。

  • telemetry.ASM-WindowsDefault.json

  • utc.app.json

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×