はじめに

この記事では、Windows 10、Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2012 にログオンするときに発生する問題について説明します。 この問題を解決するための更新プログラムが提供されています。 この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」セクション を参照 してください。


現象

ユーザーがクライアント コンピューターまたはリモート デスクトップ接続で直接コンピューターにログオンすると、ログオン プロセスが "ようこそ" 画面または "ユーザー プロファイル サービスをお待ちください" というエラー メッセージ ウィンドウでハングする場合があります。

この問題が発生した場合、ユーザーの現在のパスワードは資格情報マネージャーにキャッシュされているパスワードと一致しません。 この問題は、ユーザーまたは管理者がパスワード変更を実行した直後に発生する可能性があります。 また、パスワード変更後にしばらく時間が経過した後でも発生する可能性があります。

この問題の解決には、次の構成が含まれます。

  • ユーザーは、分散ファイル システム (DFS) パスにマップされたホーム フォルダー (例: \\contoso.com\homefolders\user

  • ユーザーが、ファイルの関連付けセットに対して "既定の関連付け構成ファイルを設定する" グループ ポリシー オブジェクトを有効にしました。 また、XML は DFS パスに格納されます (例: \\contoso.com\netlogon

  • ユーザーには、DFS パス内のフォルダーをマップする GPP for Drive Maps (ドライブ マップなど) \\contoso.com\data1

原因

この問題は、資格情報マネージャーとリダイレクター (RDR) と Data Protection API (DPAPI) の間のデッドロックが原因で発生します。

バンドルされた更新プログラム

この更新プログラムは、"現象" セクションに記載されている問題と、Microsoft サポート技術情報の次の記事に記載されている問題を修正する "バンドルされた更新プログラム" です。

3063000 R2 ベースの hyper-V クラスター 0x0000007Eエラー "Windows Server 2012" が発生する

この更新プログラムの入手方法

重要 この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールする場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Add language packs to Windows」(英語情報) を参照してください。



Windows 10

Windows 10 バージョン 1511 でこの問題を 解決するには、2016 年 2 月 9 日の累積的な更新プログラムを適用します。



Windows 8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2012 R2、または Windows Server 2012

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update のオプションの更新プログラムとして提供されています。 Windows Update の実行方法については、「Windows Update から更新プログラムを入手する方法」を参照してください。



方法 2: Microsoft ダウンロード センター

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

オペレーティング システム

更新プログラム

サポートされている x86 ベースのすべてのバージョンの Windows 8.1

この パッケージを今すぐダウンロードします。

サポートされている x64 ベースのすべてのバージョンの Windows 8.1

この パッケージを今すぐダウンロードします。

サポートされている x64 ベースのすべてのバージョンの Windows Server 2012 R2

この パッケージを今すぐダウンロードします。

サポートされている x64 ベースのすべてのバージョンのWindows Server 2012

この パッケージを今すぐダウンロードします。


注: Windows RT 8.1 の更新プログラムは、Windows Update からのみ利用できます。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号を選択して、Microsoft サポート技術情報の記事を表示します。

119591 Microsoft がウイルスについてこのファイルをスキャンしたオンライン サービスから Microsoft サポート ファイルを取得する方法。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには 、2014 年 4 月の Windows RT 8.1、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2 の更新プログラムがインストールされている必要があります。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以前にリリースされた更新プログラムには置き換えされません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新 プログラム 3132080 のファイル情報をダウンロードします。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 

関連情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する用語集を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×