"AssetUrlSelector"クラスと、「資産の選択] ダイアログ ボックスは、SharePoint Server 2010 の絶対 URL、相対 URL でなくを返します。

現象

AssetUrlSelectorクラス、および資産の選択] ダイアログ ボックスは、Microsoft SharePoint Server 2010 の絶対 URL を返します。 ただし、ユーザーは、相対 URL を受信することです。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。

SharePoint Foundation 2010 の修正プログラム パッケージ (osrchwfe x none.msp): 2011 年 4 月 21 日

この修正プログラム パッケージを適用すると、SharePoint Server 2010 の既定の動作を変更します。 これで、SharePoint Server 2010 は、絶対 URL ではなく相対 URL を返します。 さらに、選択したリンクが別の web アプリケーションの場合は、SharePoint Server 2010 はまだ絶対 URL を返します。 ただし、SharePoint Server 2010 の以前の動作を復元する場合は、プロパティに設定、 returnAbsoluteUrlAssetPickerの構成要素の [ SharePoint ] セクションに場合は True 。注:次のコードは、web.config ファイル内にあるこのセクションを示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?><configuration>  <configSections>    <sectionGroup name="SharePoint">[…]<section name="AssetPicker" type="System.Configuration.SingleTagSectionHandler, System, Version=1.0.5000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" />    </sectionGroup>[…] <SharePoint>[…]<AssetPicker returnAbsoluteUrl="true" /></SharePoint>[…]</configuration>

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×