「Microsoft Dynamics 365 サーバーとの通信に問題がある」Outlook 用の Microsoft Dynamics 365 を構成するときにエラーが発生します。

現象

Dynamics 365 のインスタンスを Outlook 用の Microsoft Dynamics 365 を構成しようとすると、次のエラーが発生します。

"Microsoft Dynamics 365 サーバーとの通信に問題があります。サーバーは、使用可能なことがあります。しばらくしてから再実行してください。問題が解決しない場合、システム管理者に連絡します。」

原因

トランスポート層セキュリティ (TLS) 1.0 の 8.2.2.137 以前のバージョンの Outlook の Dynamics 365 を使用を禁止するインスタンスに接続しようとした場合、このエラーが発生します。8.2.2.137 を更新し、後で Outlook の Dynamics 365 の既定ではトランスポート層セキュリティ (TLS) 1.2 を使用します。 Dynamics 365 オンラインのインスタンスでは、TLS 1.0 の接続は許可されません。

TLS 1.0 が禁止されている場合これも影響 Dynamics 365 はオンプレミスに展開します。次の資料で説明するように TLS 1.0 を無効にすることをお勧めします。

TLS 1.0 を解決する問題

解決方法

オプション 1 (推奨)。

Dynamics 365 の outlook のバージョン 9.0 以下のリンクの利用可能なは、9.0 のインスタンスへの接続に使用する推奨されるクライアント。

https://www.microsoft.com/download/details.aspx?id=56972

オプション 2:

Dynamics 365 Microsoft Outlook 用の 8.2.2.137 の更新をインストールします。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=56327

オプション 3 の (推奨しません):

ローカル レジストリを調整することによって TLS 1.2 を使用した認証を強制します。

https://support.microsoft.com/en-us/help/3140245/update-to-enable-tls-1-1-and-tls-1-2-as-default-secure-protocols-in-wi

詳細情報

エラーの詳細] セクションを展開する場合は、次の追加の詳細が表示されます。

メタデータには、解決できない参照が含まれています: ' https://crmorgname.api.crm.dynamics.com/XRMServices/2011/Organization.svc?wsdl & sdkversion = 8.2' です。   System.ServiceModel.Description.MetadataExchangeClient.MetadataRetriever.Retrieve (TimeoutHelper timeoutHelper) で    System.ServiceModel.Description.MetadataExchangeClient.ResolveNext (ResolveCallState resolveCallState) で    System.ServiceModel.Description.MetadataExchangeClient.GetMetadata (MetadataRetriever の取得元) で    System.ServiceModel.Description.MetadataExchangeClient.GetMetadata (Uri のアドレス、MetadataExchangeClientMode モード) で    Microsoft.Xrm.Sdk.Client.ServiceMetadataUtility.RetrieveServiceEndpointMetadata (タイプ contractType、Uri serviceUri、ブール値の checkForSecondary) で    Microsoft.Xrm.Sdk.Client.ServiceConfiguration'1..ctor (Uri serviceUri、ブール値の checkForSecondary) で    Microsoft.Xrm.Sdk.Client.OrganizationServiceConfiguration..ctor (Uri serviceUri、ブール型の enableProxyTypes、アセンブリのアセンブリ) に    Microsoft.Xrm.Sdk.Client.ServiceConfigurationFactory.CreateConfiguration[TService で] (Uri serviceUri、ブール値の enableProxyTypes では、アセンブリのアセンブリ)    Microsoft.Xrm.Sdk.Client.ServiceConfigurationFactory.CreateConfiguration[TService](Uri serviceUri) で    Microsoft.Crm.Outlook.ClientAuth.ClientAuthProvidersFactory'1.DiscoverAuthUsingServiceMetadata (Uri のエンドポイント、Uri webEndPoint) で    Microsoft.Crm.Outlook.ClientAuth.ClientAuthProvidersFactory'1.GetAuthProviderForDeployment (Uri のエンドポイント、Uri webEndPoint) で    Microsoft.Crm.Application.Outlook.Config.DeploymentsInfo'1.GetAuthenticatedProvider (OrganizationDetail orgDetail、parentWindow のコントロール) に    Microsoft.Crm.Application.Outlook.Config.ServerForm.LoadDataToServerInfo() で    Microsoft.Crm.Application.Outlook.Config.ServerForm < InitializeBackgroundWorkers > b__3 で (オブジェクトの送信者、DoWorkEventArgs e)。    System.ComponentModel.BackgroundWorker.OnDoWork (DoWorkEventArgs e) で    System.ComponentModel.BackgroundWorker.WorkerThreadStart (オブジェクトの引数) に

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×