はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-025 を公開しました。このセキュリティ情報には、ファイルの一覧情報、展開オプションを始め、セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトのいずれかにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

: ホーム ユーザーの場合、無料サポートが提供されています。米国およびカナダのユーザーは電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域については、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、マイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/common/international.aspx?rdpath=4 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスして、無制限の無料電子メール サポートまたは無制限の個別チャット サポートを受けることもできます。

http://support.microsoft.com/oas/default.aspx?&prid=7552 企業ユーザーの場合、セキュリティ更新プログラムに対するサポートは、通常のサポート窓口を通じて提供されます。

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • 次のような状況を想定します。セキュリティ情報 MS08-025 (カーネル) で提供されているセキュリティ更新プログラムをインストールします。次に、セキュリティ情報 MS08-021 (GDI) で提供されているセキュリティ更新プログラムをインストールします。次に、セキュリティ情報 MS08-025 (カーネル) で提供されているセキュリティ更新プログラムをアンインストールします。この場合、セキュリティ情報 MS08-021 (GDI) で提供されている更新プログラムが、脆弱性の存在するバージョンに戻ることがあります。これにより、脆弱性の存在するシステムに対して、セキュリティ情報 MS08-021 (GDI) に記載されている更新プログラムが再提供されます。そのため、MS08-021 の更新プログラムを再インストールする必要があります。

    以下のバイナリは、この表に記載されているオペレーティング システムに対して MS08-025 (カーネル) および MS08-021 (GDI) で提供されているセキュリティ更新プログラムの間で共通のものです。これらの更新プログラムが提供されるその他のすべてのオペレーティング システムは、この問題の影響を受けません。


    注 : 以下の情報はすべて SP1 QFE ブランチに適用されます。


    オペレーティング システム

    Win32 (MS08-025)

    GDI32 (MS08-021)

    x64 ベースの Windows XP Professional (SP1QFE)

    Gdi32.dll
    Wgdi32.dll
    Win32k.sys

    gdi32.dll
    Wgdi32.dll

    32 ビット版の Windows Server 2003 (SP1QFE)

    Gdi32.dll
    Win32k.sys

    gdi32.dll

    x64 ベースの Windows Server 2003 (SP1QFE)

    Gdi32.dll
    Wgdi32.dll
    In32k.sys

    gdi32.dll
    Wgdi32.dll

    Itanium ベースの Windows Server 2003 (SP1QFE)

    Gdi32.dll
    Wgdi32.dll
    In32k.sys

    gdi32.dll
    Wgdi32.dll


    この問題を解決するには、セキュリティ情報 MS08-021 で提供されるセキュリティ更新プログラムを再インストールします。この更新プログラムをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

    http://www.update.microsoft.com/windowsupdate/v6/default.aspx?ln=ja-jp

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

この更新プログラムは、Windows Vista ベースのコンピュータ、Windows Vista Service Pack 1 ベースのコンピュータ、または Windows Server 2008 ベースのコンピュータをスリープまたは休止状態から再開した後、またはコンピュータのロックを解除した後に、カスタム ガンマ設定が失われる問題も解決します。この問題の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

951537カスタム ガンマ設定が Windows Vista ベースのコンピュータ、Windows Vista Service Pack 1 ベースのコンピュータ、Windows Server 2008 ベースのコンピュータで失われる (英語)

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、
セキュリティ情報 MS08-025の「ファイル情報」セクションをご覧ください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×