[MS13-098]Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される2013 年 12 月 11 日

はじめに

マイクロソフトは、セキュリティ情報 MS13-098 を公開しました。 セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ:
Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:
セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:
ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:
インターナショナル サポート

詳細情報

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • Windows Server 2003 を実行しているコンピュータ上でこのセキュリティ更新プログラムをインストールした後、リモート デスクトップ サービスが開始されないことがあります。  この問題は、コンピューターで EnableCertPaddingCheck レジストリ値が有効になっている場合に発生します。 

    この問題を回避するには、EnableCertPaddingCheck レジストリ値を無効にします。  

    EnableCertPaddingCheck の詳細については、以下のマイクロソフト TechNet トピックを参照してください。

    https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/2915720?altTemplate=SecurityAdvisoryPF

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×