概要

このセキュリティ更新プログラムにより、Microsoft Windows の脆弱性が解決されます。この脆弱性により、攻撃者が暗号化された Secure Socket Layer (SSL) 2.0 セッションを強制的に確立し、中間者 (MiTM) 攻撃を使用して暗号化されたトラフィックの一部を暗号化解除した場合、情報が漏えいする可能性があります。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-089 を参照してください。

詳細

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update から入手することができます。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法については、「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」を参照してください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-089 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。

詳細

Windows Vista (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3076949-x86.msu

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット):
Windows6.0-KB3076949-x86.msu

サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 7 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3076949-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用します。または、[コントロール パネル] をクリックし、[システムとセキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用します。または、[コントロール パネル] をクリックし、[システムとセキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (32 ビット版):
Windows8-RT-KB3076949-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (x64 ベース):
Windows8-RT-KB3076949-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3076949-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用します。または、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3076949-x64.msu

すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3076949-x64.msu

インストール スイッチ

サポート技術情報 934307 を参照してください。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用します。または、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックします。[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。

レジストリ キーの確認

注: この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ サブキーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

企業環境での

これらの更新プログラムは Windows Update でのみ入手できます。

再起動の必要性

この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

ファイル情報のセクションを参照してください。


File name

SHA1 hash

SHA256 hash

Windows6.1-KB3076949-x86.msu

534060F9BDDB4DBA2C47CD36B9F277369ECD8BEB

9D21818913DBFD1E56C6CBAAEC19F6F67458EE0DE9EE61220E29FC446A66AC78

Windows8.1-KB3076949-arm.msu

BD921E99258E1001ECC3CD023E7651CE43B8EAE8

9357135F6BAEA8A15D53A0A065E42B0E1DE462C917446793A544219190FD4E91

Windows8-RT-KB3076949-arm.msu

D944FAA57AB33A8DA53219CD2DBA411D714A24FA

F04864D34A5161F35E81E5208600C3420EE26EA574C3BCBE9106E21D36F0BFD1

Windows6.1-KB3076949-x86.msu

534060F9BDDB4DBA2C47CD36B9F277369ECD8BEB

9D21818913DBFD1E56C6CBAAEC19F6F67458EE0DE9EE61220E29FC446A66AC78

Windows6.1-KB3076949-x64.msu

13CB56A9879CA98D6644E8357B3FC52C9ACFB785

3359638FE3CF59FF4332B2490339050EAEA2368EA1F64AB21838C6E60DB4165D

Windows8-RT-KB3076949-x86.msu

3E0BA36FDCB0911C66C557C7C1A55877490525DF

0C31DAE892AA39FEF310961CF74C8886AB68E601BD842914C487E7A851C5679F

Windows8-RT-KB3076949-x64.msu

8DADDA02FA80E8F642C9BE33DF88157428AEEC96

A188E2BC097756C475BD73A5EFE2A918483BFB4B7865CCE293DFCBAD94EB21D2

Windows8.1-KB3076949-x86.msu

BAF4582CF62D5627116FB7193A567FB5445CDB00

05A201ABEFC62D07110DCC015FAEBF6B0F329CD2C5334E25A80A147661C5AF27

Windows8.1-KB3076949-x64.msu

B9FAE4CFC9E1B64B612BF9844119ED40747A2DB6

47F67969EC66F81AA6BB305174E63F6283A3CB033AD5A041CFFD40319EB95D0B

Windows8-RT-KB3076949-arm.msu

D944FAA57AB33A8DA53219CD2DBA411D714A24FA

F04864D34A5161F35E81E5208600C3420EE26EA574C3BCBE9106E21D36F0BFD1

Windows8.1-KB3076949-arm.msu

BD921E99258E1001ECC3CD023E7651CE43B8EAE8

9357135F6BAEA8A15D53A0A065E42B0E1DE462C917446793A544219190FD4E91

Windows6.0-KB3076949-x86.msu

BA127E74BA7EDD3863CDE512B855706C807EDB2C

2F2353437CF36625C051DAF991ED9DB7272C1A225F1789B6E643FD4B457B7C07

Windows6.0-KB3076949-x86.msu

BA127E74BA7EDD3863CDE512B855706C807EDB2C

2F2353437CF36625C051DAF991ED9DB7272C1A225F1789B6E643FD4B457B7C07

Windows6.0-KB3076949-x64.msu

70EB7E27870702D8629BD3DF15B353F277398B83

F3930CB112A0783F7AEC3C9458C534F38A80C8398742C475FFBF7C0857C0C7E3

Windows6.0-KB3076949-x64.msu

70EB7E27870702D8629BD3DF15B353F277398B83

F3930CB112A0783F7AEC3C9458C534F38A80C8398742C475FFBF7C0857C0C7E3

Windows6.1-KB3076949-x64.msu

13CB56A9879CA98D6644E8357B3FC52C9ACFB785

3359638FE3CF59FF4332B2490339050EAEA2368EA1F64AB21838C6E60DB4165D

Windows6.1-KB3076949-x64.msu

13CB56A9879CA98D6644E8357B3FC52C9ACFB785

3359638FE3CF59FF4332B2490339050EAEA2368EA1F64AB21838C6E60DB4165D

Windows8-RT-KB3076949-x64.msu

8DADDA02FA80E8F642C9BE33DF88157428AEEC96

A188E2BC097756C475BD73A5EFE2A918483BFB4B7865CCE293DFCBAD94EB21D2

Windows8-RT-KB3076949-x86.msu

3E0BA36FDCB0911C66C557C7C1A55877490525DF

0C31DAE892AA39FEF310961CF74C8886AB68E601BD842914C487E7A851C5679F

Windows8-RT-KB3076949-x64.msu

8DADDA02FA80E8F642C9BE33DF88157428AEEC96

A188E2BC097756C475BD73A5EFE2A918483BFB4B7865CCE293DFCBAD94EB21D2

Windows8-RT-KB3076949-x86.msu

3E0BA36FDCB0911C66C557C7C1A55877490525DF

0C31DAE892AA39FEF310961CF74C8886AB68E601BD842914C487E7A851C5679F

Windows8.1-KB3076949-x64.msu

B9FAE4CFC9E1B64B612BF9844119ED40747A2DB6

47F67969EC66F81AA6BB305174E63F6283A3CB033AD5A041CFFD40319EB95D0B

Windows8.1-KB3076949-x86.msu

BAF4582CF62D5627116FB7193A567FB5445CDB00

05A201ABEFC62D07110DCC015FAEBF6B0F329CD2C5334E25A80A147661C5AF27

Windows8.1-KB3076949-x86.msu

BAF4582CF62D5627116FB7193A567FB5445CDB00

05A201ABEFC62D07110DCC015FAEBF6B0F329CD2C5334E25A80A147661C5AF27

Windows8.1-KB3076949-x64.msu

B9FAE4CFC9E1B64B612BF9844119ED40747A2DB6

47F67969EC66F81AA6BB305174E63F6283A3CB033AD5A041CFFD40319EB95D0B

Windows6.0-KB3076949-x86.msu

BA127E74BA7EDD3863CDE512B855706C807EDB2C

2F2353437CF36625C051DAF991ED9DB7272C1A225F1789B6E643FD4B457B7C07

Windows6.0-KB3076949-x64.msu

70EB7E27870702D8629BD3DF15B353F277398B83

F3930CB112A0783F7AEC3C9458C534F38A80C8398742C475FFBF7C0857C0C7E3



このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。


Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    区分

    6.0.6002.18 xxx

    Windows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2

    SP2

    GDR

    6.0.6002.23 xxx

    Windows Vista SP2 および Windows Server 2008 SP2

    SP2

    LDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Webclnt.dll

6.0.6002.19433

199,680

01-Jul-2015

15:57

x86

Webclnt.dll

6.0.6002.23739

199,680

01-Jul-2015

15:31

x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Webclnt.dll

6.0.6002.19433

218,112

01-Jul-2015

15:43

x64

Webclnt.dll

6.0.6002.23739

218,624

01-Jul-2015

15:24

x64

Webclnt.dll

6.0.6002.19433

199,680

01-Jul-2015

15:57

x86

Webclnt.dll

6.0.6002.23739

199,680

01-Jul-2015

15:31

x86

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    区分

    6.1.7601.18xxx

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2

    SP1

    GDR

    6.1.7601.22xxx

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2

    SP1

    LDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.1.7601.18912

82,432

01-Jul-2015

20:30

x86

Davclnt.dll

6.1.7601.23115

87,552

01-Jul-2015

17:52

x86

Webclnt.dll

6.1.7601.18912

206,848

01-Jul-2015

20:30

x86

Webclnt.dll

6.1.7601.23115

209,920

01-Jul-2015

17:52

x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.1.7601.18912

102,912

01-Jul-2015

20:48

x64

Davclnt.dll

6.1.7601.23115

109,056

01-Jul-2015

18:20

x64

Webclnt.dll

6.1.7601.18912

260,096

01-Jul-2015

20:49

x64

Webclnt.dll

6.1.7601.23115

264,704

01-Jul-2015

18:21

x64

Davclnt.dll

6.1.7601.18912

82,432

01-Jul-2015

20:30

x86

Davclnt.dll

6.1.7601.23115

87,552

01-Jul-2015

17:52

x86

Webclnt.dll

6.1.7601.18912

206,848

01-Jul-2015

20:30

x86

Webclnt.dll

6.1.7601.23115

209,920

01-Jul-2015

17:52

x86

Windows 8 および Windows Server 2012 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    区分

    6.2.920 0.16xxx

    Windows 8 および Windows Server 2012

    RTM

    GDR

    6.2.920 0.20xxx

    Windows 8 および Windows Server 2012

    RTM

    LDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.2.9200.17428

86,016

01-Jul-2015

11:41

x86

Davclnt.dll

6.2.9200.21538

86,016

01-Jul-2015

10:54

x86

Webclnt.dll

6.2.9200.17428

198,656

01-Jul-2015

11:42

x86

Webclnt.dll

6.2.9200.21538

199,168

01-Jul-2015

10:55

x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8 および Windows Server 2012 (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.2.9200.17428

104,448

01-Jul-2015

12:58

x64

Davclnt.dll

6.2.9200.21538

104,448

01-Jul-2015

11:39

x64

Webclnt.dll

6.2.9200.17428

227,328

01-Jul-2015

13:00

x64

Webclnt.dll

6.2.9200.21538

227,840

01-Jul-2015

11:41

x64

Davclnt.dll

6.2.9200.17428

86,016

01-Jul-2015

11:41

x86

Davclnt.dll

6.2.9200.21538

86,016

01-Jul-2015

10:54

x86

Davclnt.dll

6.2.9200.17428

86,016

01-Jul-2015

11:41

x86

Davclnt.dll

6.2.9200.21538

86,016

01-Jul-2015

10:54

x86

Webclnt.dll

6.2.9200.17428

198,656

01-Jul-2015

11:42

x86

Webclnt.dll

6.2.9200.21538

199,168

01-Jul-2015

10:55

x86

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すファイル バージョン番号で識別できます。

    バージョン

    製品

    マイルストーン

    区分

    6.3.920 0.16xxx

    Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2

    RTM

    GDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

注: インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。


サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.3.9600.17923

87,040

01-Jul-2015

21:35

x86

Webclnt.dll

6.3.9600.17923

198,656

01-Jul-2015

21:37

x86

サポートされているすべてのバージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Davclnt.dll

6.3.9600.17923

104,448

01-Jul-2015

22:16

x64

Webclnt.dll

6.3.9600.17923

228,864

01-Jul-2015

22:19

x64

Davclnt.dll

6.3.9600.17923

87,040

01-Jul-2015

21:35

x86

Davclnt.dll

6.3.9600.17923

87,040

01-Jul-2015

21:35

x86

Webclnt.dll

6.3.9600.17923

198,656

01-Jul-2015

21:37

x86


更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×