概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の VBScript スクリプト エンジンに存在する脆弱性を解決します。これらの脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Web サイトにアクセスすると、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性が悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。現在のユーザーが管理者ユーザー権限でログオンしているときに、攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、影響を受けるコンピューターが制御される可能性があります。攻撃者は、その後、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除などを行ったり、完全なユーザー権限を持つ新たなアカウントを作成したりする可能性があります。


この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-003 を参照してください。

詳細

重要

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1:Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。自動更新を有効にする方法の詳細については、 「セキュリティ更新プログラムを自動的に入手」をご覧ください。

注: Windows RT および Windows RT 8.1 の場合、この更新プログラムは、Windows Update を介してのみ利用可能です。

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-003 で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。

詳細

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート

ファイルに関する情報

File name

SHA1 hash

SHA256 hash

Windows6.0-KB3124624-ia64.msu

178DF358916930B048DB45D9C040760E9081EF0D

1A2B28A16C9A62663385DA266BEA8A57EC1282B6DEDAD5E29E249A9DC9F5677A

Windows6.0-KB3124624-x86.msu

3006258C7B5DB3E7E9054EC1B49E3F39C7451B8E

3E1EBB4529A8C63F54D48C696D94E0EC38FBA20BB85A9E601460DF67EEF921D1

Windows6.0-KB3124624-x64.msu

01DFA5E2317B7F65DEFD5123179D85E173E71111

95FF69A54C84283B809828092E44E775FB5181CA977389E67EA439FE448B1A91


このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。各ファイルの日付および時刻は、ローカル タイムおよび現在の夏時間バイアスでローカル コンピューターに表示されることに注意してください。ファイルで特定の操作を行うと、日付および時刻は変更される場合もあります。

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイル情報

注意事項

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に記載のファイルのバージョン番号を調べると確認できます。

    Version

    Product

    Milestone

    Service branch

    6.0.600 2.19xxx

    Windows Vista or Windows Server 2008

    SP2

    GDR

    6.0.600 2.23xxx

    Windows Vista or Windows Server 2008

    SP2

    LDR

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

サポートされているすべてのバージョン (ia64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Jscript.dll

5.7.6002.19567

1,394,688

10-Dec-2015

20:37

IA-64

Jscript.dll

5.7.6002.23877

1,395,200

10-Dec-2015

20:21

IA-64

Vbscript.dll

5.7.6002.19567

1,173,504

10-Dec-2015

20:39

IA-64

Vbscript.dll

5.7.6002.23877

1,175,552

10-Dec-2015

20:22

IA-64

Jscript.dll

5.7.6002.19567

516,096

10-Dec-2015

21:07

x86

Jscript.dll

5.7.6002.23877

516,096

10-Dec-2015

20:44

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.19567

434,176

10-Dec-2015

21:08

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.23877

434,176

10-Dec-2015

20:45

x86

サポートされているすべてのバージョン (x86 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Jscript.dll

5.7.6002.19567

516,096

10-Dec-2015

21:07

x86

Jscript.dll

5.7.6002.23877

516,096

10-Dec-2015

20:44

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.19567

434,176

10-Dec-2015

21:08

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.23877

434,176

10-Dec-2015

20:45

x86

サポートされているすべてのバージョン (x64 ベース)

File name

File version

File size

Date

Time

Platform

Jscript.dll

5.7.6002.19567

755,200

10-Dec-2015

20:53

x64

Jscript.dll

5.7.6002.23877

755,200

10-Dec-2015

20:35

x64

Vbscript.dll

5.7.6002.19567

583,168

10-Dec-2015

20:54

x64

Vbscript.dll

5.7.6002.23877

583,168

10-Dec-2015

20:36

x64

Jscript.dll

5.7.6002.19567

516,096

10-Dec-2015

21:07

x86

Jscript.dll

5.7.6002.23877

516,096

10-Dec-2015

20:44

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.19567

434,176

10-Dec-2015

21:08

x86

Vbscript.dll

5.7.6002.23877

434,176

10-Dec-2015

20:45

x86


ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×