概要

このセキュリティ更新プログラムは、Windows の脆弱性を解決します。この中で最も深刻な脆弱性では、攻撃者が標的とするシステムにログオンし、特別に細工したアプリケーションを実行できる場合、リモートでコードが実行される可能性があります。この脆弱性の詳細については、 を参照してください。



重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「」を参照してください。

詳細

既知の問題 1

Windows 7 上で Corel VideoStudio X8 または Corel VideoStudio X9 を使用しているお客様では、この製品の起動中または使用中にクラッシュすることがあります。この問題を防止するには、Corel から最新の更新プログラムを入手してインストールするか、Corel にお問い合わせください。

既知の問題 2

このセキュリティ更新プログラムをインストールした後で、Microsoft ODBC または OLE プロバイダーを使用しているアプリケーションが Oracle データベースにアクセスできないことがあります。Microsoft DTC (分散トランザクション コーディネーター) も Oracle データベースにアクセスできないことがあります。

Microsoft ODBC または OLE DB プロバイダーを使用して Oracle データベースへの新しい接続を確立しようとするアプリケーションは失敗し、次のようなエラーを返します。

Oracle クライアントとネットワーク コンポーネントが見つかりませんでした。これらのコンポーネントは Oracle Corporation から提供され、Oracle Version 7.3.3 (またはそれ以降) のクライアント ソフトウェアの一部としてインストールされます。

Microsoft ODBC または OLE DB プロバイダーを使用して Oracle データベースに既に接続しているマイクロソフト アプリケーション、サードパーティ アプリケーション、カスタム開発アプリケーションが、異なるアプリケーション固有のエラーが画面に表示されて失敗することがあります。



既知の問題 2 の解決方法

この問題を解決するには、更新プログラム 3147071 をインストールします。詳細については、以下のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。

Windows で Microsoft ODBC、OLE DB Driver for Oracle、または Microsoft DTC を使用しているときに Oracle データベースへの接続が失敗する

既知の問題 2 の回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。


注: これらの方法は、Windows 7、Windows Server 2008 R2、または以前のバージョンの Windows 上で実行されている MSDTC ベースのアプリケーションでは機能しません。

  • 回避策 1

    Oracle の 32 ビット クライアント ソフトウェアをアンインストールして再インストールする

  • 回避策 2

    次の PATH 環境変数を変更する:

    変更前

    PATH=C:\Oracle\product\11.2.0\client_64\bin;C:\Oracle\product\11.2.0\client_32\bin;C:\Windows\system32;C:\Windows;C:\Windows\System32\Wbem;C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\



    段落後

    PATH=C:\Oracle\product\11.2.0\client_32\bin;C:\Oracle\product\11.2.0\client_64\bin;C:\Windows\system32;C:\Windows;C:\Windows\System32\Wbem;C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0

    この操作を行った後で、影響を受けているアプリケーションを再起動するか、ホスト コンピューターを再起動して、新しい PATH 設定が使用されていることを確認します。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

更新プログラムを入手してインストールする方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法に関する詳細については、の記事「コントロール パネルで自動更新を有効にする」セクションを参照してください。

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

下の表で、搭載されている Windows のバージョンに対応するダウンロード リンクをクリックします。

更新プログラムをインストールするためのヘルプ:

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:

国ごとのローカル サポート:

ファイルに関する情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

注意事項

  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に記載のファイルのバージョン番号を調べると確認できます。

  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。

  • インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×