[MS16-035] セキュリティ機能のバイパスに対処する .NET Framework 用のセキュリティ更新プログラム

2016 年 5 月 10 日 このセキュリティ更新プログラムは再リリースされ、いくつかの更新された記事を含んでいます。この再リリースは、LDR (限定配布リリース) コンテンツのお客様のみを対象としています。マイクロソフトは、依存関係の不備が原因で特定の印刷シナリオにいくつかの問題があることを特定しました。LDR コンテンツを使用する場合、この更新されたセキュリティ更新プログラムを適用することをお勧めします。この再リリースには、GDR (General Distribution Release) コンテンツのお客様向けの変更はありません。


この資料が適用される製品を表示する。

概要

この更新プログラムは、Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。セキュリティ機能のバイパスは、署名付き XML ドキュメントの特定の要素を適切に検証しない .NET Framework コンポーネントに存在します。この脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-035 を参照してください。

詳細

重要

  • 今後の Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のすべてのセキュリティ更新プログラムと通常の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。将来の更新プログラムをインストールするために、Windows RT 8.1 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。詳細については、「Windows への言語パックの追加」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

この更新プログラムをインストールすると、次の問題が発生する場合があります。

セキュリティ更新プログラム 3141780 の適用後に .NET Framework アプリケーションが SignedXml を含むファイルを処理すると、例外エラーまたは予期しないエラーが発生する

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている場合があります。


.NET Framework 4.6 および 4.6.1


  • 3135998[MS16-035] Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 4.6 および 4.6.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135997 [MS16-035] Windows Server 2012 用の .NET Framework 4.6 および 4.6.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3136000[MS16-035] Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 SP1、および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 4.6 および Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 4.6.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

    セキュリティ更新プログラム 3136000 の既知の問題:

    3149737 Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 SP1、および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 4.6.1/4.6 のセキュリティ更新プログラム 3136000 および .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラム 3135996 の既知の問題


.NET Framework 4.5.2

  • 3135994 [MS16-035] Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135995 [MS16-035] Windows Server 2012 用の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135996 [MS16-035] Windows Vista Service Pack 2、Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows 7 Service Pack 1、および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)




    セキュリティ更新プログラム 3135996 の既知の問題:

    3149737 Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、Windows 7 SP1、および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 4.6.1/4.6 のセキュリティ更新プログラム 3136000 および .NET Framework 4.5.2 のセキュリティ更新プログラム 3135996 の既知の問題


.NET Framework 3.5 および 3.5.1


  • 3135983 [MS16-035] Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135988[MS16-035] Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135985 [MS16-035] Windows 8.1、Windows RT 8.1、および Windows Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135991 [MS16-035] Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135989 [MS16-035] Windows Server 2012 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

  • 3135984 [MS16-035] Windows Server 2012 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)


.NET Framework 3.0


  • 3135987 [MS16-035] Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 3.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)


.NET Framework 2.0


  • 3135982 [MS16-035] Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 の .NET Framework 2.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて (2016 年 3 月 8 日)

Windows Vista (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3135982-x86.msu

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3135987-x86.msu

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x64.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
NDP46-KB3136000-x86.exe

サポートされているすべてのエディションの Windows Vista (x64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3135982-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Vista (x64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3135987-x64.msu

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x64.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3136000-x64.exe

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework に関しては、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3135987_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3135987_*.html

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3135996_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3135996_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3136000_*_*-Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1-MSP0.txt
KB3136000_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.5\KB3135996
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.6:
.NET Framework 4.6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\KB3136000
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3135982-x86.msu

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3135987-x86.msu

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x86.exe

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3136000-x86.exe

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
Windows6.0-KB3135982-x64.msu

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0:
Windows6.0-KB3135987-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 Service Pack 2 (x64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x64.exe

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 Service Pack 2 (x64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 4.6:
NDP46-KB3136000-x64.exe

Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3135982-ia64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3135987_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3135987_*.html

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3135996_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3135996_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6:
KB3136000_*_*-Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1-MSP0.txt
KB3136000_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.5\KB3135996
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.6:
.NET Framework 4.6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\KB3136000
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 7 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135983-x86.msu

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135988-x86.msu

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x86.exe

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
NDP46-KB3136000-x86.exe

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 Service Pack 1 (64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135983-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 Service Pack 1 (64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135988-x64.msu

すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x64.exe

すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
NDP46-KB3136000-x64.exe

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
対象外

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3135996_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3135996_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
KB3136000_*_*-Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1-MSP0.txt
KB3136000_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.5\KB3135996
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
.NET Framework 4.6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\KB3136000
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135983-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (64 ベース) 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3135988-x64.msu

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5.2:
NDP45-KB3135996-x64.exe

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
NDP46-KB3136000-x64.exe

Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB3135983-ia64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

更新ログ ファイル

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
対象外

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
KB3135996_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3135996_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
KB3136000_*_*-Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1-MSP0.txt
KB3136000_*_*.html

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

For Microsoft .NET Framework 4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.5\KB3135996
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
.NET Framework 4.6
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4.6\KB3136000
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 8.1 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。

セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135985-x86.msu

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135991-x86.msu

Windows 8.1 for 32-bit Systems の Microsoft .NET Framework 4.5.2
Windows8.1-KB3135994-x86.msu

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
Windows8.1-KB3135998-x86.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135985-x64.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135991-x64.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.5.2:
Windows8.1-KB3135994-x64.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
Windows8.1-KB3135998-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。これらの更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。


セキュリティ更新プログラムのファイル名

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3135984-x64.msu

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3135989-x64.msu

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 4.5.2:
Windows8-RT-KB3135995-x64.msu

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
Windows8-RT-KB3135997-x64.msu

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135985-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3135991-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.5.2:
Windows8.1-KB3135994-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.6/4.6.1:
Windows8.1-KB3135998-x64.msu

インストール スイッチ

マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

削除に関する情報

[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。これらの更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Windows RT 8.1 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。


デプロイ

3135994 更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手可能です。
3135998 更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手可能です。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

削除に関する情報

[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

「セキュリティ更新プログラムの追加情報」セクションに記載されている、サポート技術情報の個々の資料を参照してください。

Windows 10 (すべてのエディション)参照表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。


セキュリティ更新プログラムのファイル名

サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (32 ビット版):
Windows10.0-KB3140745-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 10 (x64 ベース):
Windows10.0-KB3140745-x64.msu

インストール スイッチ

Microsoft .NET Framework に関しては、マイクロソフト サポート技術情報 2844699 を参照してください。

再起動の必要性

このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

削除に関する情報

WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

ファイルに関する情報

マイクロソフト サポート技術情報 3135174 を参照してください。

レジストリ キーの確認

この更新プログラムが存在することを確認するためのレジストリ キーはありません。これらの更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。


更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: インターナショナル サポート


適用対象この資料は、以下を対象としています。

  • Microsoft .NET Framework 4.6.1 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows RT 8.1

    • Windows 8.1

    • Windows Server 2012

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

  • Microsoft .NET Framework 4.6 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows RT 8.1

    • Windows 8.1

    • Windows Server 2012

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

    • Windows Server 2008 Service Pack 2

    • Windows Vista Service Pack 2

  • Microsoft .NET Framework 4.5.2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows 8.1

    • Windows RT 8.1

    • Windows Server 2012

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

    • Windows Server 2008 Service Pack 2

    • Windows Vista Service Pack 2

  • Microsoft .NET Framework 3.5.1 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

  • Microsoft .NET Framework 3.5 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2012 R2

    • Windows RT 8.1

    • Windows 8.1

    • Windows Server 2012

  • Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合

    • Windows Server 2008 Service Pack 2

    • Windows Vista Service Pack 2

  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合

    • Windows Server 2008 Service Pack 2

    • Windows Vista Service Pack 2

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×