この資料が適用される製品を表示する。

概要

この更新プログラムは、Microsoft .NET Framework の脆弱性を解決します。セキュリティ機能のバイパスは、署名付き XML ドキュメントの特定の要素を適切に検証しない .NET Framework コンポーネントに存在します。脆弱性の詳細については、マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-035 を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

この更新プログラムをインストールすると、次の問題が発生する場合があります。

セキュリティ更新プログラム 3141780 の適用後に .NET Framework アプリケーションが SignedXml を含むファイルを処理すると、例外エラーまたは予期しないエラーが発生する

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1:Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。セキュリティ更新プログラムを自動的に取得する方法に関する詳細については、セーフティとセキュリティ センターの記事「コントロール パネルで自動更新を有効にする」セクションを参照してください。

方法 2:Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得することができます。この更新プログラムをインストールするには、ダウンロード ページのインストール手順に従ってください。

セキュリティ更新プログラム 3135983

更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、以下のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください3141780.

更新プログラムのアンインストール情報

注: セキュリティ更新プログラムのアンインストールはお勧めしません。

この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

更新プログラムの再起動に関する情報

更新対象のファイルがロックされたり使用されていない限り、この更新プログラムを適用した後にシステムを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用すると、以前にリリースされた以下の更新プログラムが置き換えられます。2863240 および次の更新プログラムが含まれます。3032655.

ファイル ハッシュ

Windows6.1-KB3135983-ia64.msu

DA0A336D79D48C9FFE9CC22A72DB97049E1DEEDC

E3C9DC6DDE411D7849546E82018ADCBFE3F141B581D2F89F42EBCB84A22BCE13

Windows6.1-KB3135983-x64.msu

1B3FD06C4E9F0960FCECBCC3C94204524853DC5B

C6B3E953CA32A4A8892AD9441104984D0946E6E6393B25801A92602555F879FB

Windows6.1-KB3135983-x86.msu

BE3B3AD58ACC3920FBDD7F34111217038A73660F

111C82F8C0FCCA223DAD582D884200D3A8AC048074C95BFD5C4E3F672D78EF99

ファイル属性

この更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

サポートされているすべてのバージョンのシステム (x86 ベース)

GDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

LDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

サポートされているすべてのバージョンのシステム (x64 ベース)

GDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

LDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

サポートされているすべてのバージョンのシステム (IA64 ベース)

GDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.5496

266,240

03-Feb-2016

14:07

LDR 区分

File name

File version

File size

Date

Time

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07

system.security.dll

2.0.50727.8683

266,240

03-Feb-2016

14:07


更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する:ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:インターナショナル サポート


適用対象この資料は、以下を対象としています:

  • Microsoft .NET Framework 3.5.1 を以下のオペレーティング システムと共に使用した場合:

    • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1

    • Windows 7 Service Pack 1

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×