この資料では、4.6 と 4.6.1 は、Microsoft.NET Framework で可能な 3146716、修正プログラムのロールアップを説明します。修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細については、この修正プログラム ロールアップで修正される問題のセクションを参照してください。

解決策

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Download (X86 と x64) パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

注 修正プログラムの更新バージョンを確認するには、インストールされているバージョンを確認するのには、リリースのキーワードの値を確認します。前方互換にするには、次の表に記載されている値以上の値を確認できます。

プログラムのロールアップの修正プログラムのバージョン

リリース DWORD の値

.NET Framework 4.6 およびそれ以降のバージョンの修正プログラム ロールアップ 3146711

394294

.NET Framework のバージョンを確認する方法の詳細についてを参照してくださいする方法: 特定の.NET Framework のバージョンがインストールされている

詳細

必要条件

この修正プログラムを適用するには.NET Framework の 4.6 または 4.6.1 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージには、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは交換してください。



この修正プログラム ロールアップで修正される問題

CLR JIT の問題

C# 構造体は参照によって渡されるが.NET Framework の 4.6 がインストールされているコンピューターでコードが実行時の値とするではなく RyuJIT コンパイラを使用します。このバグの 1 つの現象は、コードが (時系列) に間違った順序でコレクション内のデータを表すことです。この.NET Framework の以前のバージョンからの動作の変更は、クライアントがデータ考古学者からのタイム シリーズのデータを取得するときに予期しない動作をトリガーします。

この問題は、 lvAddrExposedフラグは、tmp 変数のパスの参照渡しによる引数として機能するために存在しないために発生します。これには、次に、コピーのプロペラの段階を破壊します。

CLR の問題

CLR タイプ ローダーで問題は、ジェネリック型は、ネイティブ イメージから復元中に、デッドロックをトリガー可能性があります。これにより、 ngen の createpdbコマンドで障害が原因です。この修正プログラムは、この問題を解決します。

Windows フォームを発行します。

Windows フォームのPrintPreviewDialog UI は、次の条件に該当する場合、非常に遅い初期化されます。

  • ネットワーク プリンターが使用されます。

  • このプリンターは、両面印刷の設定などのユーザー設定が変更されます。

パフォーマンスの最適化は、このシナリオに追加されました。ページの設定が特定のページに変更されていない場合は、プリンターの設定は再適用されません (プリンター スプーラーへのアクセス) でこのページの。QueryPageSettingsイベントのハンドラーを使用して、アプリケーションがプリンターの設定を変更すると場合に、フラグが設定されている場合でも影響を受けるページの印刷プレビューの生成のパフォーマンスは向上しません。

このような最適化を選択するためには、.NET Framework のバージョンによっては、app.config ファイルに次のキーを追加する必要があります。

.NET Framework 4.5.2。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><configuration>
< appSettings >
< add key="OptimizePrintPreview" value="true" />
< /appSettings >
</configuration>
.NET Framework 4.6 またはそれ以降のバージョンを表示します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><configuration>
< runtime>
< AppContextSwitchOverrides value = "Switch.System.Drawing.Printing.OptimizePrintPreview=true" />
< /runtime>
</configuration>
アプリケーションは、.NET Framework のいずれかのバージョンで実行できる場合、は、同じファイルに両方のスイッチを使用します。

脱退にスイッチを削除するか、値をfalseに設定します。

ClickOnce issue

ClickOnce は、TLS 1.1 および 1.2 をサポートするために更新されています。ClickOnce は、TLS プロトコルは、実行時に必要なを自動的に検出されます。この機能を有効にするのには、ClickOnce で必要な追加手順はありません。

注 ClickOnce は、 PCI に準拠したと見なされませんが、当面は、TLS 1.0 をサポートするために続行されます。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×