005010 x 306 (820) と 005010 x 220 (834) BizTalk Server 2013年、BizTalk Server 2010 では、BizTalk Server 2009年の修正: を HIX の EDI トランザクションをサポートします。

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

概要

Microsoft BizTalk Server 2013、Microsoft BizTalk Server 2010 の修正プログラムがあるし、2009.This の修正プログラムを Microsoft BizTalk Server 005010 x 306 (820) と 005010 x 220 (834) の健康保険の交換 (HIX) EDI トランザクションのサポートを有効にします。この修正プログラムにはビルドおよび BizTalk 電子データ交換 (EDI) アプリケーションに展開できます HIPAA 5010 準拠のスキーマが含まれています。

解決策

累積的な更新プログラムの情報

この問題は、BizTalk Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

詳細

トランザクション 820 スキーマの以前のバージョンは、BizTalk Server の以前に含まれていました。したがって、この修正プログラムには、既存のトランザクション 820 スキーマと同じ doctype があります。820 のトランザクションが新しいと古いスキーマは、BizTalk 展開に共存できません。トランザクション 820 スキーマの両方がある BizTalk 展開で使用される、両方のスキーマを一意に識別および BizTalk アプリケーションで使用できるように、新しいスキーマの名前空間を変更する必要があります。この例では、新しいスキーマは、カスタム スキーマとして扱われるが。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×