1456 とデータベース ミラーリング セッションにミラーリング監視サーバーを追加して、データベース名は、既存のデータベース ミラーリング セッション SQL Server 2005 または SQL Server 2008 のエラーが発生する修正プログラム。

Bug #: 50000663 (SQL 修正プログラム)

Microsoft が Microsoft SQL Server 2005 を分散し、Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして。修正プログラムは累積的なため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれているすべてのセキュリティ修正プログラムを以前の SQL Server 2005 または SQL Server の 2008fix リリースに含まれているでした。

概要

この資料では、この修正プログラムのリリースに関する次について説明します。

  • この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 修正プログラム パッケージをインストールするための前提条件

  • 修正プログラム パッケージをインストールした後にコンピューターを再起動する必要があるかどうかについての情報

  • 他の修正プログラム パッケージで修正プログラム パッケージを置換するかどうかについての情報

  • レジストリ変更を加える必要があるかどうかについての情報

  • 修正プログラム パッケージに含まれるファイル

現象

データベース ミラーリング セッションで SQL Server 2005 または SQL Server 2008 であります。新しいデータベース ミラーリング セッションのデータベース名は、既存のデータベース ミラーリング セッションのミラーリング監視サーバーのミラーリング監視サーバーまたはパートナー サーバーのいずれかと同じです。新しいデータベースをミラーリング監視サーバーを追加すると、ミラーリング セッションでは、エラー 1456、し、新しいデータベース ミラーリング セッションにミラーリング監視サーバーは追加されません。

解決策

SQL Server 2008 Service Pack 1

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 10 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2279604SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 10

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×