Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

現象

1709 プラットフォーム上でインテル PCSD/EPS Purley サーバー生成の (吉田のパス、Sawtooth パス、狼のパス、更新バージョンのカスケード湖 (CLX) など) のバージョンの Windows Server をインストールすることを想定しています。オペレーティング システムの展開の最初の再起動中に表示が開始され、突然再起動します。次に、システムがフリーズまたはブルー スクリーンに次の stop コードが表示される場合があります。

構成の初期化に失敗しました

これが原因でインストールの再起動ループを入力します。

注: この問題は、Windows Server、1709 のバージョンでのみ発生します。

原因

各ブリッジ構成の開始ではないためより正確なリソース要件を生成するために PCI.sys は最初、バスをスキャンする前にすべての階層を事前スキャンされます。ただし、PCI.sys 開始に必要なリソースを変更することが同様にブリッジの構成になるように開始が構成されているブリッジを検出するのにはバグがあります。これにより、いくつかのオペレーティング ・ システムを設定するのには USB デバイスからの起動に失敗したサーバー (インテル Purley) などが原因です。

解決策

KB 4056892には、この問題に対する修正が含まれます。Microsoft Update カタログ web サイトからダウンロードすることができます。

メモMicrosoft Update カタログの web サイトからの累積的な更新を使用する必要があり、デルタ更新プログラムを適用しても問題が解決しません。

その後は、次のようにインストール メディアに累積的な更新プログラムを統合します。

  1. 次のコマンドレットを実行します。

dism /mount-image /imagefile:<path_to_image_file>\sources\install.wim /index:1 /mountdir:<target_mount_directory>\offline

dism /image:<target_mount_directory>\offline /add-package /packagepath:<path to the update>\Windows10.0-KB4056892-x64.cab

dism /unmount-image /mountdir:<target_mount_directory>\offline /commit
  1. コマンドレット、install.wim ファイルのインデックス 2 の手順 1 を繰り返します。

  2. 次のコマンドレットを実行します。

dism /mount-image /imagefile:<path_to_image_file>\sources\boot.wim /index:1 /mountdir:<target_mount_directory>\offline

dism /image:<target_mount_directory>\offline /add-package /packagepath:"<path to the update>\Windows10.0-KB4056892-x64.cab"

dism /unmount-image /mountdir:<target_mount_directory>\offline /commit
  1. コマンドレット boot.wim ファイルのインデックス 2 の手順 3 を繰り返します。

  1. 更新されたインストール メディアから ISO ファイルを作成するには、コマンド ラインの OSCDIMG.exe を使用します。次に例を示します。

Oscdimg -bootdata:2#p0,e,bEtfsboot.com#pEF,e,bEfisys.bin -u1

-udfver102 C:\winpe_amd64\media C:\winpe_amd64\winpeamd64.iso

の詳細についてを参照してください:Oscdimg コマンドのコマンド ライン オプションの

回避策

この問題を回避するには、物理領域が不足し、利用可能な周辺コンポーネント相互接続の高速 (PCI-E) スロットがある場合、外部のグラフィックス カードを使用するしてみてください。

関連情報

については、用語集Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×