2010 環境内の予定表フォルダーのアクセス許可Exchange Server変更できない

現象

次のような状況で問題が発生します。

  • メールボックス内の予定表フォルダーのアクセス制御リストに対して正しくない順序を設定するサード パーティ製アプリケーションがある。

  • 予定表フォルダーを含むメールボックスを 2010 メールボックス Microsoft Exchange Serverに移動します。 移動操作は正常に完了しました。

  • Exchange Web Service (EWS) アプリケーションを使用するか、Microsoft Outlook などの MAPI アプリケーションを使用して、予定表フォルダーのアクセス許可を変更します。

このシナリオでは、予定表フォルダーのアクセス許可を変更することはできません。

原因

この問題は、Exchange ストアが正規のアクセス制御リストを検証するときにエラーが発生するために発生します。 そのため、MAPI または EWS アプリケーションでは、予定表フォルダーのアクセス制御リスト テーブルを取得できません。

解決方法

この問題を解決するには、次の更新プログラムロールアップをインストールします。

2685289 Exchange Server 2010 Service Pack 2 用の更新プログラム ロールアップ 3 の説明更新プログラムがインストールされた後、レジストリ キーを構成することで、標準 ACL の検証を有効にできます。
正規の ACL の検証を有効にするには、「修正する」セクション移動します。 正規の ACL の検証を自分で有効にする場合は、「自分で修正する」セクションに移動します

Fix it で解決する



正規の ACL の検証を自動的に有効にするには、[ 修正] ボタンまたはリンクをクリックします。 次に 、[ファイルの ダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、修正ウィザードの手順に従います。




メモ

  • この修正プログラム ソリューションを実行する前に、Microsoft サポート技術情報 (KB) の記事 2685289 に記載されている更新プログラムをインストールします。

  • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。


次に、"問題は解決しましたか?" セクションに移動します。



自分で解決する

レジストリ キーを構成して正規の ACL の検証を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. レジストリ エディターを開きます。 これを行うには、[スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに「regedit」と入力して、Enter キーを押します。

  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeIS\ParametersSystem。

  3. [編集] メニューの [新規] を ポイント、[DWORD (32 ビット)値] をクリックします。

  4. 「CheckCanonicalACLDuringMove」と入力し、Enter キーを押します。

  5. [編集] メニューの [ 変更] を クリックします

  6. [値 データ] ボックス に「1」と入力し、[OK] をクリックします。

  7. レジストリ エディターを終了します。

正規のアクセス制御リスト機能の検証が有効になると、アクセス制御リストが正規の順序ではないフォルダーを移動することはできません。 さらに、フォルダーを移動しようとするときに、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー: MapiExceptionInvalidParameter: オブジェクトにプロパティを設定できません。 (hr=0x80070057, ec=-2147024809)
診断コンテキスト:
Lid: 55847 EMSMDBPOOL。EcPoolSessionDoRpc は [length=267]
Lid: 43559 EMSMDBPOOL と呼ばれる。EcPoolSessionDoRpc returned [ec=0x0][length=232][latency=0]
Lid: 23226 --- ROP Parse Start ---
Lid: 27962 ROP: ropSetProps [10]
Lid: 17082 ROP エラー: 0x80070057
Lid: 230561
Lid: 21921 StoreEc: 0x80070057
Lid: 27962 ROP: ropExtendedError [250]
Lid: 1494 ---- Remote Context Beg ----
Lid: 26426 ROP: ropSetProps [10]
Lid: 21970 Storeec: 0x8004010F PropTag: 0x668F0040

Lid: 25000 Lid: 24936
Lid: 24952
Lid: 47113
Lid: 7915 StoreEc: 0x80070057
Lid: 5263 StoreEc: 0x80070057
Lid: 19768
Lid: 4559 StoreEc: 0x80070057:
1750 ---- リモート コンテキストエンド ----
Lid: 26849
Lid: 21817 ROP エラー: 0x80070057
Lid: 25761
Lid: 1940 StoreEc: 0x80070057
Lid: 25297
Lid: 21201 StoreEc: 0x80070057


問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。 フィードバックを送信したり、このソリューションに関する問題を報告したりするには、ブログの"問題を解決する" ブログにコメントを残してください。または、メールをお送 りください

詳細情報

アクセス制御リストの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

アクセス制御リストに関する一般的な情報アクセス制御エントリの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

アクセス制御エントリに関する一般的な情報ACL で適切な順序の VISUAL BASICおよび ADsSecurity.dllする方法の詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

ACL で適切Visual BasicおよびADsSecurity.dll ACEs を適切に順序付けする方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×