2010 SP1 をインストールした後、Outlook クライアント アプリケーションExchange Serverに接続できない

どこにいても、どのデバイスからでも、 Microsoft 365

Microsoft 365 にアップグレードして、最新の機能と更新プログラムを利用できます。

今すぐアップグレード

現象

パブリック フォルダー上の多くの Microsoft Exchange RPC Client Access サービス スレッドが可用性サービスからの応答を待機すると、特定の Microsoft Outlook クライアント アプリケーションで接続の問題が発生します。 たとえば、500 を超えるスレッドがパブリック フォルダーで応答を待機すると、この問題が発生します。  

メモ

  • 2010 Service Pack (SP1) で実行Exchange Server可用性サービスを無効にするオプションはありません。

  • Exchange Server 2010 SP1 パブリック フォルダー サーバーで Exchange RPC クライアント アクセス サービスを再起動すると、この問題は一時的に解決されます。

原因

この問題は、Exchange Server 2010 SP1 の新機能が理由で発生します。 この新機能では、Microsoft Exchange RPC Client Access サービスを、以前のバージョンの可用性サービス (空き時間情報) のプロキシとして使用します。 そのため、Exchange Server 2010 SP1 サーバーにインストールされているパブリック フォルダーがある場合、Microsoft Exchange RPC Client Access サービスは空き時間情報の要求を傍受します。

解決方法

この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1



すべてのクライアントを、Exchange Web Services (EWS) を使用する Outlook 2007 以降のバージョンにアップグレードして、Exchange クライアント アクセス サーバーに対して可用性サービス呼び出しを直接行います。 

方法 2

パブリック フォルダー データベースをホストしている Exchange Server 2010 SP1 メールボックス サーバーに次の更新プログラムをインストールします。

2497453 修正: HttpWebRequest クラスを使用して要求を送信する場合、いくつかの HTTP 要求が中止された後、アプリケーションが応答を停止.NET Framework

方法 3

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリを変更する方法を説明する手順が含まれます。 レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を表示してください。

322756 Windows のレジストリをバックアップおよび復元する方法については注意: この方法を適用すると、次の
問題が発生することがあります。

  • Office 365 とオンプレミスの Exchange Server ハイブリッド展開、またはフェデレーション組織では、Microsoft Office Outlook 2007 や Microsoft Office Outlook 2003 などの従来のクライアントは、クラウド サイトまたはリモート組織から空き時間情報データを受信しなくなりました。

  • 最新の空き時間情報データは、レガシ クライアントでは報告されません。 データは最大 15 分古い可能性があります。

この問題を解決するには、パブリック フォルダー データベースをホストしているメールボックス サーバーで次の手順を実行します。

  1. 次の記事番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の記事に移動し、この記事で説明されている更新プログラムのロールアップをインストールします。

    2579150 Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムロールアップ 4 の説明

  2. 可用性サービスを無効にします。

    更新プログラムロールアップ 2579150 をインストールした後に可用性サービスを無効にするには、「問題を解決する」セクション移動します。 自分で Availability サービスを無効にする場合は、"自分で解決する" セクション移動します。

    問題を解決する空き時間情報サービスを自動的に無効にするには、[ 修正] ボタンまたはリンクをクリックします。 次に、[ファイル のダウンロード ] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、修正ウィザードの 手順に従 います。




    メモ

    • このウィザードは英語版のみである場合があります。 しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

    • 問題のあるコンピューターを使用していない場合は、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題のあるコンピューターで実行します。


    次に、"問題は解決しましたか?" セクションに移動します。



    更新プログラムをインストールした後は、次の手順に従って可用性サービスを無効にしてください。

    1. [スタート] をクリックし、[スタート] 検索ボックスに「regedit」と入力して、[名前regedit.exe。

    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeRPC\

    3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。

    4. ParametersSystem と入力し、Enter キーを押します。

    5. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeRPC\ParametersSystem

    6. [編集] メニューの [新規] を ポイントし、[Dword 値] をクリックします

    7. 「DisableAvailabilityServiceCalls」と入力し、Enter キーを押します。

    8. 詳細ウィンドウで 、[DisableAvailabilityServiceCalls]を右クリックし、[変更] をクリック します

    9. [値 データ] ボックス に「1」と入力し 、[OK] をクリックします

    10. レジストリ エディターを終了します。


問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。 問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。 問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。

  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。 フィードバックを送信したり、このソリューションに関する問題を報告したりするには、ブログの"自分の問題を解決する" ブログにコメントを残してください。または、メール メッセージを 送信 してください。

状態

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報

可用性サービスの詳細については、次の Microsoft TechNet Web サイトを参照してください。

Exchange 2013 の可用性サービス

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×