2015年12月8日、SharePoint Foundation 2013 の更新プログラム (KB3114352)

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

この記事では、2015年12月8日にリリースされた Microsoft SharePoint Foundation 2013 の更新 KB3114352 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

機能追加および修正

  • Office アプリケーションを更新して、構成トークンを使って SharePoint の信頼済み Url を信頼済みゾーンに追加します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3514017 (Office15)

  • Microsoft Edge との互換性を確保するために SharePoint Server 2013 を更新します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3513769 (Office15)

  • 次の問題を修正しました。

    • SharePoint Server 2013 の [連絡先] ピッカーでユーザーを検索すると、ユーザーのメールアドレスが変更された場合、そのユーザーの更新されたメールアドレスが表示されません。 たとえば、ユーザーとのアイテムを共有すると、そのアイテムは、新しいメールアドレスではなく、ユーザーの古いメールアドレスで共有されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3510885 (Office15)

    • Internet Explorer 11 で選択された [クライアントアプリケーション] 設定で [開く] がオンになっているドキュメントライブラリ内のドキュメントを開こうとすると、対応する office アプリケーションが Windows 7 ベースのコンピューターにインストールされていない場合、Office Web Apps でドキュメントはダウンロードされません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3512499 (Office15)

    • [アップグレード評価サイトコレクションの作成] ジョブを実行すると、容量の問題と孤立したサイトの結果として、同じサイトの複数のコピーが SQL server で作成されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3512530 (Office15)

    • スクリーンリーダーは、SharePoint Foundation 2013 で選択されているビューを読み取ることができません。 そのため、スクリーンリーダーを使用している視覚障碍のあるユーザーは、情報を取得できません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3512683 (Office15)

    • アンケートリストへのリンクを含む wiki ページをコピーすると、アンケートの回答番号が予期せず変更されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3512880 (Office15)

    • スクリーンリーダーは、リストグループの折りたたまれて展開された状態を特定することはできません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3512962 (Office15)

    • SharePoint Security Token Service によって使用された証明書が置き換えられた後、有効期限が切れていない cookie を持つユーザーは、cookie の有効期限が切れるまで認証できません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513029 (Office15)

    • Internet Explorer 11 を使用している場合は、互換表示が無効になっていることを前提としています。 次に、システムの [ファイルピッカー] ダイアログボックスを使用して、SharePoint Server 2013 サイトのフォルダーにファイルのコピーをダウンロードします。 リモート (SharePoint) ドキュメントライブラリを開いて、ファイルを既存のフォルダーに移動しようとしている。 フォルダーを選択すると、次の JavaScript エラーが表示され、その場所にファイルを保存できないことがブロックされます。

      このページのスクリプトでエラーが発生しました。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513288 (Office15)

    • SharePoint サイトの URL の名前を変更すると、そのサイトの列とコンテンツタイプが名前変更されたサイトに移動します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513304 (Office15)

    • SharePoint Server 2013 サイトをホストしている w3wp プロセスが100% の CPU 使用量との応答を停止し、サイトにアクセスできなくなります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513319 (Office15)

    • Project Server 2013 サイトの [問題] ページまたは [リスク] ページからタスクアイテムへの新しいリンクを追加しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513392 (Office15)

    • Sharepoint 2010 モードのワークフローは、数千ものドキュメントを含む SharePoint Server 2013 ドキュメントライブラリ内のドキュメントの SharePoint 2013 モードワークフローからは正常に開始されません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513496 (Office15)

    • [ログレベル] を [既定] に設定した場合、または SharePoint Server 2013 の詳細情報以外の場合でも、次のエラーメッセージが ULS ログに記録されます。

      UserAgent は利用できません。ファイル操作が最適化されていない可能性があります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513627 (Office15)

    • 多くのリンクが含まれているコンテンツデータベースをクロールすると、クロールが失敗し、応答しなくなります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3513653 (Office15)

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

参照情報

マイクロソフトでソフトウェア更新プログラムの説明に使用する標準的なを参照してください。  「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバルバージョンには、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを確認するには、[コントロールパネル] の [日付と時刻] の [タイムゾーン] タブを使用します。

sts-x-none ファイルの情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×