2015年8月11日、SharePoint Server 2013 の更新プログラム (KB3055002)

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

この記事では、2015年8月11日にリリースされた Microsoft SharePoint Server 2013 の更新 KB3055002 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

  • この更新プログラムは、ハイブリッドクロール機能を追加します。 詳細については、「 」を参照してください。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3508604 (Office15)

  • ドキュメントセットから宣言レコードを作成しようとしたときに表示されるエラーメッセージを改善しました。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3509663 (Office15)

  • SharePoint Server 2013 にを追加します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3510925 (Office15)

  • 次の問題を修正しました。

    • [本文の管理] プロパティで会社の抽出を有効にすると、会社以外の結果が検索結果ページの絞り込み条件パネルに表示されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3507423 (Office15)

    • SharePoint Server 2013 search service アプリケーションからの検索結果を利用する Microsoft SharePoint Server 2010 ファームからアイテムを検索すると、タイトルに50文字を超える文字とアンパサンド "&" が含まれている場合、未処理の例外が表示されることがあります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3507457 (Office15)

    • 中国語分類の絞り込み条件を使用して、SharePoint Server 2013 サイト上のアイテムを検索すると、検索が壊れて表示されます。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3508873 (Office15)

    • 一部の SharePoint Server 2013 項目に対して PreserveID 属性をTrueに設定すると、重複するドキュメント id が生成されることがあります。 この場合、アイテムを開くときに、アイテムを直接参照するのではなく、複数のアイテムを含む検索ページにリダイレクトされることがあります。または、正しくないドキュメントが開かれていることがわかります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3509082 (Office15)

    • インプレース検索を使用して、複数のページを含むリスト内のアイテムを検索すると、検索で現在のページのアイテムを検索できますが、別のページのアイテムを見つけることはできません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3509533 (Office15)

    • 他の値のテキストボックスを使用して検索結果の絞り込み条件をフィルター処理すると、カウントはゼロとして表示されます。 この問題は、複数の値の絞り込み条件であるファイルの種類の絞り込み条件で結果カウンターを有効にした場合に発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3509579 (Office15)

    • クエリで、今日のトークンを含む web パーツを含むページをチェックすると、前日の検索コンテンツが表示されることがあります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3509639 (Office15)

    • 拡張子のないファイルをドキュメントセットに追加すると、共有プロパティはドキュメントセットから継承されません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3509726 (Office15)

    • ローカライズされた検索センターの検索通知の電子メールメッセージで [検索結果に移動] リンクをクリックすると、次のエラーメッセージが表示されます。

      ページが見つかりません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3510397 (Office15)

    • Word 文書を解析すると、noderunner プロセスで CPU 使用率が高くなります。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3510501 (Office15)

この更新プログラムのインストール後、コンピューターを再起動する必要はありません。

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。64-bitCoreservermui-en-us ファイルの情報

ては、こちらを参照してください。 「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×