2015年9月8日、SharePoint Server 2013 の更新プログラム (KB3054870)

注意事項

この更新プログラムは使用できなくなりました。 この記事で説明されている問題を解決するには、次の Microsoft ドキュメントの記事から最新の Microsoft Office の更新プログラムをインストールしてください。

Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンの最新の更新プログラム

この記事では、2015年9月8日にリリースされた Microsoft SharePoint Server 2013 の更新 KB3054870 について説明します。 この更新プログラムには前提条件があります。

機能追加および修正

次の問題を修正しました。

サイトのスペルが間違っていて、それらの単語の書式設定が適用されていない場合、スペルチェックのプロセスが応答を停止し、完了しません。 更新プログラムを適用すると、Microsoft Word で回避策としてスペルチェックを実行することを勧めるエラーメッセージが表示されます。

マイクロソフト内部サポート情報

BUG #: 3507246 (Office15)

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

参照情報

ては、こちらを参照してください。 「」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバルバージョンには、次の表に示すファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換されます。 UTC とローカル時刻の違いを確認するには、[コントロールパネル] の [日付と時刻] の [タイムゾーン] タブを使用します。

Oserver-x-none ファイルの情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×