You have multiple accounts
Choose the account you want to sign in with.

この資料では、2015 年 10 月 21 日にリリースされた Microsoft Office 2013 用の更新プログラム KB2986219 について説明します。この更新プログラムには、前提条件があります。

ダウンロード センターから取得できるこの更新プログラムは、Microsoft インストーラー (.msi)ベースの Office 2013 のエディションに適用されることに注意してください。Microsoft Office 365 Home など、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

次の問題が修正されます。

2015 年 10 月 13 日には、Office 2013 (KB3085566) の更新をインストールした後ビジネスのクライアントは、OneDrive を使用してファイルを同期することはできませんし、資格情報の入力が使用できるオプションの代わりに次のエラー メッセージが表示します。

資格情報が必要

ユーザーの資格情報を入力してください。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードしインストールすることできます。

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、次を参照してください32 ビットまたは 64 ビットの Office を実行していますか? 。さらに、マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてを参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

再起動に関する情報この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件この更新プログラムを適用するには、インストールされているMicrosoft Office 2013 の Service Pack 1が必要です。

詳細

この更新プログラムは、Office の MSI ベースのバージョンにのみ適用されます。クイック実行バージョンの Office にインストールしようとすると場合、は、「このシステムにインストールされているこのパッケージの影響を受ける製品はありません」を示すエラーが表示されます。クイック実行バージョンの Office があり、「機能強化と修正」セクションで説明した問題が発生する場合は、次手順に従って Office を更新できます。

  1. Microsoft Word 2013 など、Office 2013 アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. 更新オプション項目を選択し、選択今すぐ更新します。

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. Microsoft Word 2013 など、Office 2013 アプリケーションを開きます。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

Office 2013 のクイック実行インストール

MSI ベースの Office 2013

The screenshot for Word MSI

この更新プログラムには、次の表に記載されているファイルが含まれています。

32-bit

Mso-x-none.msp ファイル情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Firstrun.exe

15.0.4763.1000

991,296

16-Oct-2015

16:59

Mso.dll

15.0.4763.1003

26,756,288

16-Oct-2015

16:59

Msointl.dll

15.0.4759.1000

3,621,472

16-Oct-2015

16:59

Msointl.rest.idx_dll

15.0.4757.1000

1,485,920

16-Oct-2015

16:59

Msores.dll

15.0.4733.1000

112,326,848

16-Oct-2015

16:59

Msosqm.exe

15.0.4763.1000

551,512

16-Oct-2015

16:59

Office.dll

15.0.4763.1003

457,384

16-Oct-2015

16:58


64-bit

Mso-x-none.msp ファイル情報

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Firstrun.exe

15.0.4763.1000

991,296

16-Oct-2015

16:59

Mso.dll

15.0.4763.1003

26,756,288

16-Oct-2015

16:59

Msointl.dll

15.0.4759.1000

3,621,472

16-Oct-2015

16:59

Msointl.rest.idx_dll

15.0.4757.1000

1,485,920

16-Oct-2015

16:59

Msores.dll

15.0.4733.1000

112,326,848

16-Oct-2015

16:59

Msosqm.exe

15.0.4763.1000

551,512

16-Oct-2015

16:59

Office.dll

15.0.4763.1003

457,384

16-Oct-2015

16:58


Windows 10 の場合

  1. スタートをクリックし、 Windows の検索ボックスに、 インストールされた更新プログラムの表示と入力し、Enter キーを押します。

  2. 更新プログラムの一覧を見つけて、選択は、KB2986219 を更新し、[アンインストール] を選択します。

Windows 8 および Windows 8.1

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] をタップします。マウスを使用する場合は、画面の右下隅をポイントし、[検索します。

  2. Windows update と入力し、 Windows Update を選択し、インストールされた更新プログラムを選択します。

  3. 更新プログラムの一覧を見つけて、選択は、KB2986219 を更新し、[アンインストール] を選択します。

Windows 7 の場合

  1. スタートに移動し、Run と入力し、[ファイル名を指定して実行] を選択します。

  2. Appwiz.cplを入力し、 [ok]を選択します。

  3. インストールされた更新プログラムの表示を選択します。

  4. 更新プログラムの一覧を見つけて、選択は、KB2986219 を更新し、[アンインストール] を選択します。


関連情報

マイクロソフト ソフトウェアの更新に使用される一般的な用語に関する情報を参照してください。Office System TechCenter には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×