2015 5 月 12 日にリリースされた Microsoft Office 2013 用の更新プログラム KB3039700 について説明します。この更新プログラムは、 にも適用されます。この更新プログラムには、必要条件があります。

ダウンロード センターの更新プログラムは Office 2013 の Microsoft インストーラー (.msi) ベースのエディションに適用されることに注意してください。それは、Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化および修正

  • できなくなります、切断された状態で、のプロンプトをキャンセルした後に Outlook 2013 が向上します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3501800 (Office15)

  • タイトルのメッセージに対して以下の操作が向上します。

    • Office 2013 アプリケーションから自分のアカウントからサインアウトするとすべての Office 2013 アプリケーションからサインアウトする、という警告は表示されません。

    • プロキシ サーバーのプロキシの資格情報を入力すると、タイトルのメッセージでは、移行先サーバーがプロキシ サーバーであることを示します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3504706 (Office15)

  • Outlook 2013 で、ホームのタブのリボンに、[ストア] ボタンを追加します。

    注 この機能強化を適用するには、を参照してください。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3505193 (Office15)

  • Outlook 2013 の現在のバージョンでサポートされていない場合、ストアリボン上のボタン、ホームタブを含むアプリケーションのチャンクを非表示にします。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3506343 (Office15)

  • ファイルが添付された返信のアプリケーション プログラム インターフェイス (API) と、ストアボタンの複数の言語の翻訳が正確であることを確認するのには Outlook 2013 での翻訳を向上します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3507326 (Office15)

  • 複数の言語の翻訳が正確であることを確認するのには、Skype のビジネスに関連するいくつかの用語の翻訳を向上します。

    マイクロソフト内部サポート情報

    BUG #: 3507342 (Office15)

  • 次の問題が修正されます。

    • 実行中の Office 2013 のアップロード センターを再起動しようとすると、Office アップロード センターがクラッシュします。タッチ ハードウェアがインストールされているデバイスでこの問題が発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3479342 (Office15)

    • 次のような状況を考えます。

      • Outlook 2013 内のオンプレミスの Exchange サーバー上のメールボックスに接続するには、HTTP トランスポート プロトコル上で MAPI を使用します。

      • ドメインに参加しているコンピューターで Outlook 2013 を使用するとします。

      • ログオンするメールボックスを所有する 1 つから別のドメイン ユーザーとしてコンピューターにログオンします。

      このシナリオでは、Outlook 2013 内のメールボックスに接続できません。この問題は、次の条件のいずれかが true の場合に発生します。

      • Exchange サーバのホスト名は、プライベート IP アドレスに解決されます。

      • Web プロキシを使用してコンピューターを構成し、プロキシのバイパス リストには、Exchange サーバーのホスト名。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3479833 (Office15)

    • 表示言語がヘブライ語に設定されている Outlook 2013 で連絡先カードにスペースを含む電話番号を追加すると、電話番号は表示されている右から左へ、予想ではありません。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3499056 (Office15)

    • Excel 2013 を終了すると、関連するプロセス (Excel.exe) はしばらくの間、システム リソース不足が発生したとします。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3502390 (Office15)

    • Office 2013 アプリケーションでインスタント メッセージへのドキュメントのコピーを添付するのには、インスタント メッセージを送信する関数を使用すると、アプリケーションがクラッシュする可能性があります。この問題は、入力しない何もメッセージのテキスト ボックスにインスタント メッセージを送信する前に場合にのみ発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3504021 (Office15)

    • Excel 2013 でのリボンのコマンドを実行するユーザー補助ショートカット キーを使用する場合、パフォーマンスが低下します。この問題は、同時に実行するいくつかのアクティブなスプレッドシートがある場合に発生します。

      マイクロソフト内部サポート情報

      BUG #: 3504246 (Office15)

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォームがどちらか (32 ビットまたは 64 ビット) わからない場合は、 を参照してください。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

詳細

[Office のインストールがクイック実行または MSI ベースかどうかを判断する方法。

  1. Office 2013 アプリケーション (Microsoft Word 2013 など) を起動します。

  2. [ファイル] メニューの [アカウント] をクリックします。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新プログラムのオプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×