現象

不適切な資格情報のセットを入力し、パスワードをキャンセルし、 プロンプトで、Outlook は、正しくない一連の要求を送信する続行可能性があります。 資格情報です。アカウントのロックアウトが発生する可能性があります。

解決方法

この問題を解決するには、インストール年 4 月 2、2019、Outlook 2016 (KB4464502) 用の更新プログラム

要求を送信することを適用すた後には、Outlook 2016 が許可されていません パスワードの必要な時に既定します。

詳細情報

2019年 6 月 4日、Outlook 2016 (KB4464585) の更新、既定値を持つ 必要時に要求を送信する Outlook 2016 を有効にする動作を変更します。 パスワードです。以前の動作を元に戻す場合は、値を設定しますAllowRequestsInNeedPasswordBehavior レジストリ キー 0.

レジストリ キー

場所: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Security

値の名前: AllowRequestsInNeedPasswordBehavior

種類: DWORD

値:

既定値は3.2 より大きい任意の値 レガシと必要時に要求を送信すると HTTP の MAPI プロバイダーの両方を許可します。 パスワードです。これは、アカウントのロックアウトは、正しくないパスワードがある場合 指定します。

場合は、レジストリの値 キーに設定されて0、レガシーと MAPI 要求プロバイダーの両方を禁止します。 パスワードの必要な時に要求を送信します。

場合は、レジストリの値 キーに設定されて1、レガシー プロバイダーは MAPI または HTTP 以外の要求を送信できます プロバイダーができません。

場合は、レジストリの値 キーに設定されて2、従来のプロバイダーは、要求が MAPI 要求を送信できません 繰り返し

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×