2016 年 2 月 9 日は、Office 2013 (KB3114736) の更新します。

この資料では、2016 年 2 月 9 日にリリースされましたが、Microsoft Office 2013 用の更新プログラム KB3114736 について説明します。この更新プログラムは、 にも適用されます。この更新プログラムには、必要条件があります。

ダウンロード センターで更新プログラムが Microsoft インストーラー (.msi) に適用されることに注意してください-ベースの Office 2013 のエディションです。Microsoft Office 365 ホームなど、Office 2013 クイック実行のエディションには適用されません。(確認する方法は?)。

機能強化と修正

次の問題が修正されます。

  • 他のユーザーによって使用されている Excel ワークシートを開くことを前提としていて、使用可能になるときに通知をオンにします。、使用可能になるときに、ワークシートに変更を加えるし、それを保存しようとしています。この状況では、他のユーザーが変更されたために、新しいワークシートにワークシートを保存するか破棄するように求められます。この問題は、他のユーザーにワークシートが変更されていない場合でも発生します。

  • ファイルを同期するのには OneDrive を使用して、アクセス拒否のエラー メッセージが表示される特定のシナリオで赤い x 印が付いたファイル名が表示されます。

  • 不足しているオペレーティング システムの依存関係のためいくつかの Windows サーバー システムで Office 2013 アプリケーションの起動は失敗します。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

Microsoft Update

更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするには、を使用します。

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動でダウンロードおよびインストールすることもできます。Office Home and Student 2013 RT. には、ダウンロード センターから更新プログラムをインストールできません。

  • Download

  • Download

実行しているプラットフォーム (32 ビットまたは 64 ビット) がわからない場合は、 を参照してください 。さらに、を参照してください。

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされている必要があります。

詳細

Office のインストール方法が、クイック実行または MSI ベースのどちらであるかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. Office 2013 アプリケーション (Microsoft Word 2013 など) を起動します。

  2. [ファイル] メニューで、アカウントを選択します。

  3. Office 2013 クイック実行インストールでは、更新プログラムのオプション項目が表示されます。MSI ベースのインストールでは、更新オプションの項目は表示されません。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×