2016 年 7 月の更新プログラム ロールアップには、2016 年 6 月の更新ロールアップKB3161606および 2016 年 5 月の更新ロールアップKB3156418 (Windows 8.1 および 2012 R2 プラットフォーム) の機能強化など、いくつかの新しい機能強化と修正が含まれています。この更新プログラムのロールアップは、通常のメンテナンス ルーチンの一部として適用することをお勧めします。この更新プログラムをインストールする前に、前提条件再起動の要件セクションを確認してください。

この更新プログラムの既知の問題

問題 1症状

この更新プログラムをリモート デスクトップ セッション (RDS) ホストに適用すると、一部の新しいユーザーは RDP セッションに接続できません。代わりに、これらのユーザーは黒い画面を表示し、最終的に切断されます。この問題は、指定されていない間隔で発生します。 通常、この問題が発生すると、次のイベントがログに記録されます。

イベント ログ

イベント ソース

ID

説明

Microsoft-Windows-TerminalServices-LocalSessionManager/Operational

マイクロソフト-Windows ターミナル サービス-ローカルセッションマネージャ

36

EvCsr初期化に応答して CsrConnected から移行するときにエラーが発生しました。(エラーコード 0x80004005)

アプリケーション

マイクロソフト-Windows-ウィンログオン

4005

Windows ログオン プロセスが予期せず終了しました。

原因 仮想チャネル管理中に、RDS サービスが新しい接続を受け入れないようにするデッドロック状態が発生します。 解決策 この問題を解決するには、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 (KB3197875) の月間品質ロールアップの 2016年 11 月のプレビューをインストールします。

ファイル情報

ファイル名

SHA1 ハッシュ

SHA256 ハッシュ

Windows8.1-KB3172614-arm.msu

3D918D6C809BF6F57C8FCEFA5DB5C739E1754426

D4CA45225CE58173B0D818C7FA7BC6EEAD68EEA0404772F72FF6DFEC45CB0489

Windows8.1-KB3172614-x86.msu

D11C233C8598B734DE72665E0D0A3F2EF007B91F

8AC8D0E3E4FC093B633BEB2B43D2D29AE3C909C178DDD40450ED371152314E60

Windows8.1-KB3172614-x64.msu

E41365E643B98AB745C21DBA17D1D3B6BB73CFCC

286CB965E57F9369C8A71AAAF4FC40C99131A521899CAD8A3F36A10E192CA908

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×