この資料では、2016 年 8 月 9 日にリリースされた Microsoft SharePoint Server 2016 の KB3115437 更新プログラムについて説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

機能強化と修正

この更新プログラムには、次の機能強化と、SharePoint サーバーの 2016年の修正が含まれています。

  • いくつかの用語の意味が正確であることを確認するのには複数の言語に変換します。

  • 用語セット内のすべての条項を取得するためには、新しいパブリック API を追加します。この API には、常に非推奨の用語の子が含まれています。

  • 管理 QLogClickedText プロパティ内のユーザーに他のユーザーのクエリを利用できます。管理 QLogClickedText プロパティは、既定の検索結果に表示されないが、検索エンジンから返されます。QLogClickedTextmanaged プロパティから取得することを取得することがない既定値が変更されました。過去の既定値は、QLogClickedText の管理プロパティの検索スキーマの管理で取得することを行うことによって復元できます。

  • この更新プログラムは、次回の増分クロールされるまで、インデックスから検索結果を削除することができます。

  • SharePoint 製品構成ウィザード (PSConfig) を実行すると、エラーが発生します。結果の概要] ページで、または結果のサマリーのコマンドライン出力のエラー メッセージは、一般的な問題を修正するために十分な情報は提供しません。今すぐ、この更新プログラムには、どの障害に影響を与える重要な構成タスクとどの障害に影響を与える PSConfig 要約すると、クリティカルでないタスクの構成タスクを識別する詳細なエラー メッセージが表示されます。SharePoint の機能を今すぐに見つからない場合のエラー メッセージには、GUID の機能だけではなくフィーチャーのタイトルが含まれます。アップグレードまたは更新が強化されていますと、エラー メッセージが表示されます。最後に、概要のメッセージには、失敗した構成タスクを再試行するための手順が含まれています。

  • 次の問題が修正されます。

    • Visual Studio のワークフローを作成する項目に対してWaitForItemEventアクティビティを使用すると、項目 ID は無視されます。

    • 空白のテキスト ボックスを使用して検索を絞り込むと、引用符を入力またはいくつかの文字を入力してし、オートコンプリートの引用符を使用しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

      プロパティが存在しないか、スキーマの設定と一致しない方法で使用します。


    • SharePoint サーバーの 2016 ベースのコンピューターでいくつかの製品や更新プログラムがインストールされると、SharePoint 構成データベースがインストールされている製品または更新プログラムに注意してくださいできない場合があります。アップグレードを実行するのには、SharePoint 製品構成ウィザード (PSConfig) が実行されている場合は、エラーが発生することができます。PSConfig は、エラーを回避する構成データベースのローカル サーバーの製品と更新プログラムの状態が自動的に更新されますようになりました。

    • RefinementCategory クラスを継承するカスタムの絞り込み条件を記述する場合に作成したクエリはありませんのスコープが正しくします。

    • ソースまたは場所を電子的証拠開示のセットまたは電子的証拠開示のケースに追加しようとすると、電子的証拠開示の設置型は、クラウド検索サービス アプリケーション (SSA) を使用して接続されている場合、例外が表示されます。

    • コンプライアンス ・ ポリシー ・ センターは、サーバーのタイム ゾーンは UTC + 0 に設定されていないときに完全に準備されていません。エラーがエンドユーザーに表示されていない、ULS のログには、次のイベントが含まれています。

      情報ポリシーの管理 asv22 予期しないエラー ポリシー センターの Dar タスク集計アイテムを作成します。DLP シナリオを設定すると、DAR のタスク リストはまだ空。これにより、DLP 機能を使用します。

    • PSConfig は、エラー文字列が null の場合に、その要約のエラー メッセージをログ出力すると、例外をスロー可能性があります。

この更新プログラムには、プロジェクトのサーバー 2016 の次の機能強化と修正が含まれています。

  • 数千ものがある場合に、エンタープライズ リソースのコレクションから CSOM API の GetByUser メソッドのパフォーマンスが向上プロジェクトのサーバーのリソースです。

  • 次の問題が修正されます。

    • SharePoint サーバーの全体管理正常性アナライザーでは、見つからないサーバー側の依存関係の構成ルールは表示されないはずの複数のエラーを示しています。などの構成] カテゴリで、[説明記載されています。

      [アップグレード]プール テーブルの列の数は、データベースの制限を超えています。この制限を超えるし、削除する必要があるテーブルです。

    • 単一入力モードのタイムシートの設定が有効になっていると仮定します。タイムシートのユーザーは、状態通知を受信すると受信した電子メールのリンクは、[タイムシート] ページではなく自分のタスクページに移動します。

    • SharePoint コンテンツ データベースの既定では、SQL のが無効です。これにより、メモリの制約があるため、Project Server 2013 からサーバー 2016 のプロジェクトへの移行中にエラーが発生する大規模なデータベースです。

    • スケジュールのプロジェクト詳細ページから PWA で達成値が計算された後、値が保存されません可能性があります。これは、達成値のパブリッシュされたビューが正確ではないことを意味します。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードやインストールに使用できるのみです。

Download

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされている Microsoft SharePoint のサーバー 2016年が必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的なについて説明します。 には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンのファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) は次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

none.msp x の sts-ファイルの情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×