この資料では、2016 年 8 月 9 日にリリースされた Microsoft SharePoint Foundation 2013 用の更新プログラム KB3115454 について説明します。この更新プログラムには、必要条件があります。

機能強化と修正

  • Cairo タイム ゾーンの最近の変更を反映するように、SharePoint Server 2013 を更新します。

  • 次の問題が修正されます。

    • テキスト ファイルを SharePoint にアップロードするまでに時間がかかります。この更新プログラムには、MS FSSHTTPB プロトコルとより大きなファイルをサポートするために変換されるストアのアルゴリズムを調整するのには、ファーム管理者を有効にするのには SPWebService.MaxRdcFileSize が導入されています。

    • のみの特殊文字を含む列を追加した後 (% などまたは &)、SharePoint Server 2013 のリストにリスト データの web サービスは、XML 形式でリスト データを表示できません。この更新プログラムでは、一意なフィールド名の生成のロジックを変更します。列名に特殊文字が含まれている場合、リスト データの web サービスはメタデータの一覧を表示します。

    • タスクの引き出しボックスを開き、キーボードを使用すると、フォーカスは吹き出しボックスに切り替えます。

    • SPFile.SendToOfficialFile API を使用するにはサイズの大きいファイルを送信するのには、次の例外が表示されます。

      エラー:"OfficialFile::SubmitFile: ファイルを送信するときは、中に WebException を検出しました。

      この更新プログラムは、SPFile.SendToOfficialFile API へのタイムアウト プロパティを追加し、サイズの大きいファイルを送信しようとすると、100 秒のタイムアウトがあります。

    • SharePoint Server 2013 のサイトのアプリケーション プールは、特定の条件で、ヒープの破損の例外が原因でクラッシュします。したがって、これらの SharePoint Server 2013 のサイトにアクセスできません。

    • スクリーン リーダーでは、SharePoint Server 2013 で、リスト ビューの並べ替えまたはフィルター処理の状態を検出できません。

    • ドキュメント ライブラリで有効になっているバージョンがあります。ファイルを作成する OneNote ノートブックのセクションの新しいバージョンでは頻繁にどのように制御することができません。この更新プログラムには、OneNote ノートブックのセクションのバージョンを作成する頻度を制御する管理者を有効にする (既定値 60 * 24 = 1 日) の SPWebService.OneNoteVersionIntervalMinutes プロパティが導入されています。

    • アンケートの質問に移動し、アンケートに回答するスクリーン リーダーを使うことはできません。

    • SharePoint web アプリケーションのアプリケーション ドメインを削除すると、すべてのデータが適切にクリーンアップします。この更新プログラムをインストールした後、アプリケーション ドメインを削除し、別のゾーンに追加することができます。

    • 編集またはクロムのドキュメント ライブラリでドキュメントを開くときに、Office Web Apps では、Office 2013 アプリケーションではなくドキュメントのみことができます開くこと。

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターから手動のダウンロードやインストールに使用できるのみです。

Download

マイクロソフトでは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用してこのファイルのウイルスをスキャンしています。ファイルはセキュリティが強化されたサーバー上に置かれており、ファイルに対して認証されていない変更を加えることができないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムを適用するには、 がインストールされているが必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムをインストールした後にコンピューターを再起動する必要はありません。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用しているについて説明します。 には、すべての Office バージョン用の最新の管理者用更新プログラムおよび戦略的展開リソースが掲載されています。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンのファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) は次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。

none.msp x の sts-ファイルの情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×