2016 CU8 の Exchange Server をインストールした後、OWA または ECP にアクセスできません。

現象

インストールして、 Microsoft Exchange Server 2016 累積的な更新プログラム 8 (CU8)にアップグレードすると、Outlook Web App (OWA) または Exchange コントロール パネル (ECP) にアクセスすることはできませんし、次のエラー メッセージが表示されます。

:-(問題が発生しました。
その情報を今すぐアクセスできません。後でもう一度やり直してください。
X のクライアント Id:クライアント Id
X-FEServer:サーバー名

さらに、次のイベント情報は、メールボックス データベースをホストする Exchange サーバーのアプリケーション ログに記録されます。

ログ名: アプリケーション
MSExchange OAuth のソース:
イベント ID: 2004
タスク カテゴリ: 構成
レベル: 警告
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
Mail.contoso.comのコンピューター:
説明:
拇印が現在のコンピューターにCertificateValueの証明書または証明書に秘密キーがありませんを見つけることができません。発信のトークンに署名する証明書が必要です。

同様の問題は、 OWA または ECP 2016 CU6 の Exchange Server をインストールした後にアクセスすることはできませんを参照してください。

原因

この問題は、OAuth の署名に使用するには Exchange Server の認証証明書が Exchange Server から欠落している場合に発生します。証明書が不足しているかどうかを確認するのには次のコマンドを実行することができます。
Get-ExchangeCertificate (Get-AuthConfig).CurrentCertificateThumbprint

解決策

Exchange Server の 2016 の累積的な更新の 9またはそれ以降の2016 の Exchange Server 用の累積的な更新をインストールします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft がソフトウェア更新プログラムを説明するために使用している用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×