今後、Windows 10 クライアント Enterprise LTSC および Windows Server エディションのライセンス認証がリリースされたときに有効にするように、この更新プログラムは Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 10 Version 1507、1607、1709、1803、および Windows Server 2016 のキー管理サービス (KMS) を拡張します。

この更新プログラムを KMS ホストにインストールするだけでなく、今後の Windows 10 クライアント Enterprise LTSC または Windows Server エディションをサポートするように設計された KMS 汎用ボリューム ライセンス キー (GVLK) もインストールする必要があります。 これらの製品に関連する KMS GVLK については、リリース時に「Appendix A: KMS Client Setup Keys」(英語情報) に記載される予定です。

カスタマー サポート ボリューム ライセンス キー (CSLVK) を使用している場合、インストール手順については、こちらの記事を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×