この記事では、2019年5月20日にリリースされた Microsoft Office 2016 の更新プログラム3085534について説明します。

Microsoft ダウンロード センターの更新プログラムは、Microsoft インストーラー (.msi) ベース エディションの Office 2016 に適用される点に注意してください。 Office 2016 クイック実行エディション (Microsoft Office 365 Home など) には適用されません (「使用している office のバージョンを確認する方法」を参照してください)。

機能追加および修正

この更新プログラムでは、次の問題が修正されます。

  • OneNote 2016 のノートブックを同期できない 次のエラーメッセージが表示される:申し訳ございません。同期中に問題が発生しました。後ほどもう一度お試しください。(エラー コード: 0x803D0000)

    注:  この問題を解決するには、更新プログラム44614414464552を一緒にインストールする必要があります。 この更新プログラムを使用します。

    この更新プログラムを使用すると、ユーザーは新しい日本の時代を利用することもできます。 詳しく. ユーザーが Windows update を使用しない場合は、次の更新プログラムを使用できます。 入手しましょう。

    注:  この改善を有効にするには、更新プログラム44622434462119を一緒にインストールする必要があります。 この更新プログラムを使用します。

  • Office が起動したとき、または Word または Outlook でハイパーリンクをクリックしたときにシステムがクラッシュするKB 4462238 がインストールされた後に発生する問題を修正します。

更新プログラムのダウンロードおよびインストール方法

ダウンロード センター

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロードセンターから手動でダウンロードおよびインストールする場合にのみ利用できます。

実行しているプラットフォーム (32 ビット版/64 ビット版) が不明な場合は、使用している Office のバージョンを確認する方法を参照してください。また、オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法も参照してください。

ウイルス スキャンに関する注意事項

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新プログラムの情報

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、Microsoft Office 2016 がインストールされている必要があります。

再起動の情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

その他の情報

この更新プログラムのアンインストール方法

Windows 10

  1. [スタート] を選択し、[Windows を検索] ボックスに「インストールされた更新プログラムを表示」と入力し、Enter キーを押します。

  2. 更新プログラムの一覧で、[ KB3085534] を見つけて選択し、[アンインストール] を選択します。

Windows 8 および Windows 8.1

  1. 画面の右端からスワイプし、[検索] を選択します。 マウスを使っている場合は、画面の右下隅をポイントし、[検索] をクリックします。

  2. windows update」と入力し、[Windows Update] を選択して [インストールされた更新プログラム] を選択します。

  3. 更新プログラムの一覧で、[ KB3085534] を見つけて選択し、[アンインストール] を選択します。

Windows 7

  1. [スタート] を選択し、「実行」と入力し、[ファイル名を指定して実行] を選択します。

  2. 「Appwiz.cpl」と入力し、[OK] を選択します。

  3. [インストールされた更新プログラムを表示] を選択します。

  4. 更新プログラムの一覧で、[ KB3085534] を見つけて選択し、[アンインストール] を選択します。

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの英語 (米国) 版では、次の表に示す各属性を持つファイルがインストールされます。 これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。 お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。 さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

x86

msodll99l-x-none.msp ファイル情報

ファイル識別子

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Mso99lres.dll

Mso99lres.dll

16.0.4684.1000

9,501,424

13-May-2019

22:00

Mso99lwin32client.dll.x64

Mso99lwin32client.dll

16.0.4849.1001

8173616

15-May-2019

17:17

Mso99lwin32client.dll.x86

Mso99lwin32client.dll

16.0.4849.1001

5875248

15-May-2019

16:30

x64

msodll99l-x-none.msp ファイル情報

ファイル識別子

ファイル名

ファイル バージョン

ファイル サイズ

日付

時刻

Mso99lres.dll.x86

Mso99lres.dll.x86

16.0.4684.1000

9,501,424

13-May-2019

22:16

Mso99lres.dll

Mso99lres.dll

16.0.4666.1000

9,501,416

13-May-2019

22:07

Mso99lwin32client.dll.x64

Mso99lwin32client.dll

16.0.4849.1001

8173616

15-May-2019

16:33

Mso99lwin32client.dll.x86

Mso99lwin32client.dll

16.0.4849.1001

5875248

15-May-2019

16:38

参照情報

マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語について 「Microsoft Office TechCenter」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×