目次
×

リリース日:

2019/06/11

バージョン:

Monthly Rollup

KB4493472 マンスリー ロールアップ更新プログラム以降には、PciClearStaleCache.exe が含まれなくなります。 このインストール ユーティリティは、内部 PCI キャッシュの不整合を解決します。 この問題により、PciClearStaleCache を含まないマンスリー更新プログラムをインストールするときに以下の現象が発生する可能性があります。

このような現象は、特にゲスト仮想マシンと、2018 年 3 月以降に更新されていないマシンでよく発生しています。

管理者は、2018 年 4 月 11 日 (KB4093118) から 2019 年 3 月 13 日 (KB4489878) の間にリリースされた任意のマンスリー ロールアップを 1 つ以上インストールしたことを確認してから、2019 年 4 月以降の更新プログラムをインストールしてください。 これらの各ロールアップ更新プログラムには、PciClearStaleCache.exe が含まれています。

  • コントロール パネルのネットワークの既存の NIC 定義は、新しいイーサネット ネットワーク インターフェイス カード (NIC) に置き換えることができますが、設定は既定値です。 以前の NIC のカスタム設定はレジストリに残っていますが、使用されませんでした。

  • ネットワーク インターフェイスに対する静的 IP アドレス設定は失われました。

  • Wi-Fi プロファイル設定は、ネットワークのフライアウトに表示されませんでした。

  • WIFI ネットワーク アダプターが無効でした。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラム KB4499178 (2019 年 5 月 24 日リリース) に同梱されている品質の向上と修正プログラムが含まれています。以下の問題も修正します。

  • Internet Explorer を使用しているときの URL の HTTP および HTTPS 文字列の文字数制限に関する問題を修正します。

  • Windows アプリ プラットフォームおよびフレームワーク、Microsoft Graphics コンポーネント、Windows Input および Composition、Windows シェル、Windows Server、Windows Authentication、Windows Datacenter Networking、Windows ストレージおよびファイルシステム、Windows Virtualization、Internet Information Services、Microsoft JET データベース エンジンのセキュリティ更新プログラム。

解決したセキュリティの脆弱性の詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイドを参照してください。

この更新プログラムの既知の問題

現象

回避策

マイクロソフトと McAfee は、McAfee Endpoint Security (ENS) Threat Prevention 10.x、McAfee Host Intrusion Prevention (ホスト IPS) 8.0、または McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.8 がインストールされているデバイスに関する問題を特定しました。  この更新プログラムをインストールした後に、システムの起動が遅くなる場合や、再起動時にシステムが応答しなくなる場合があります。

この問題は解決されました。 McAfee はこの問題を解決する自動更新プログラムをリリースしています。

McAfee をご利用のお客様向けガイダンスについては、次の McAfee サポート記事を参照してください。

マーカー付き折れ線グラフを持つ Power BI レポートを読み込み中またはやり取り中に、Internet Explorer 11 が動作しなくなることがあります。 この問題は、スケーラブル ベクター グラフィックス (SVG) マーカーを含むその他のコンテンツの表示中にも発生することがあります。

この問題は KB4503277 で解決されています。

イベント ビューアーでカスタム ビューを展開、表示、または作成しようとすると、"スナップインのエラーが MMC により検出されたので、スナップインがアンロードされます。" というエラーが表示され、アプリが応答しなくなるか、終了することがあります。 組み込みのビューまたはログで [操作] メニューの [現在のログをフィルター] を使用したときにも、同じエラーが発生することがあります。 イベント ビューアーの組み込みビューやその他の機能は問題なく動作します。

この問題は KB4503277 で解決されています。

WDS サーバーにこの更新プログラムをインストールした後に、Windows 展開サービス (WDS) または System Center Configuration Manager (SCCM) から発行された Preboot Execution Environment (PXE) イメージを使用してデバイスを起動すると、起動に失敗し、エラー "状態: 0xc0000001、情報: 要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません" が発生することがあります。

この問題は KB4512514 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マイクロソフトは、最新のロールアップをインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 ロールアップをインストールし、マイクロソフトのセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和するために、SSU によって更新プログラム プロセスの信頼性を向上します。 

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4490628) が自動的に提供されます。最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログで検索してください。     

この更新プログラムのインストール

この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。 この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトに移動してください。  

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム 4503292 のファイル情報をダウンロードしてください。  

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?

どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

その他にご意見はありますか?(省略可能)

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×