2020年5月12、SharePoint Server 2010 の累積更新プログラム (KB4484389)

Microsoft SharePoint Server 2010 の累積的な更新プログラムパッケージには、SharePoint Server 2010 のリリース以降に修正された問題の修正プログラムが含まれています。

注:  これは  14.0.7250.5000 、累積的な更新プログラムパッケージのビルド14.0.7250.5000 です。

これらの修正プログラムは、運用環境に展開する前にテストすることをお勧めします。 ビルドは累積的であるため、新しい各リリースには、以前の Microsoft SharePoint Server 2010 更新プログラムパッケージのリリースに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ更新プログラムが含まれています。

累積的な更新プログラムパッケージに関する重要な注意事項

  • Microsoft Office 2010 の修正プログラムは多言語で利用できるようになりました。 この累積的な更新プログラムパッケージには、すべての言語の更新プログラムが含まれています。

  • この累積的な更新プログラムパッケージには、すべてのサーバーコンポーネントパッケージが含まれています。 さらに、この累積的な更新プログラムパッケージでは、システムにインストールされているコンポーネントのみが更新されます。

この累積的な更新プログラムで修正される改善と問題

この累積的な更新プログラムパッケージでは、次の Microsoft サポート技術情報 (KB) の記事に記載されている問題を修正します。

累積的な更新プログラムパッケージの入手方法

この更新プログラムは、Microsoft ダウンロードセンターから手動でダウンロードおよびインストールする場合にのみ利用できます。

ウイルス スキャンに関する注意事項

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

累積的な更新プログラム パッケージに含まれている修正プログラム

この累積的な更新プログラムパッケージには、修正プログラムとしてリリースされた、または SharePoint Server 2010 を対象とするパブリック更新プログラムとしてリリースされたすべての .msp ファイルが含まれます。 この更新パッケージでは、SharePoint Foundation 2010 も対象となります。 そのため、これらのパッケージを個別にインストールする必要はありません。

必要条件

この累積的な更新プログラムを適用するには、 Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2 (SP2)が   インストールされている必要があります。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後で、コンピューターの再起動が必要になることがあります。

ファイル情報

累積的な更新プログラム4484389に含まれているファイルの一覧については、 ファイル情報.

参照情報

Microsoft ソフトウェアの更新について説明するために使用される標準的な用語については、こちらを参照してくださいterminology 。のOffice システム TechCenter には、Office の全バージョンの、最新の管理用更新プログラムと戦略的な展開リソースが含まれています。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×