目次
×

リリース日:

2020/10/13

バージョン:

マンスリー ロールアップ

新規
重要リリースノートが変わります。新しい URL、メタデータの更新などの詳細については、「Windows リリース ノートの次の内容」を参照してください。

重要 Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 は、メインストリーム サポートが終了し、現在は延長サポート期間となっています。2020 年 7 月以降、このオペレーティング システムには、オプションの非セキュリティ リリース(別称 「C」リリース) はありません。延長サポート期間中のオペレーティング システムには、累積的なマンスリー セキュリティ更新プログラム (別称「B」リリース - 火曜日の更新) のみ提供されます。

重要 2020 年 7 月から、セキュリティの脆弱性により、すべての Windows Update で RemoteFX vGPU 機能が無効になります。この脆弱性の詳細については、CVE-2020-1036KB4570006 を参照してください。この更新プログラムをインストールした後で、RemoteFX vGPU が有効になっている仮想マシン (VM) を起動しようとすると失敗し、次のようなメッセージが表示されます。

RemoteFX vGPU を再度有効にすると、次のようなメッセージが表示されます。

  • 「Hyper-V マネージャーでは、すべての RemoteFX 対応 GPU が無効になっているため、仮想マシンを起動することはできません。」

  • 「サーバーに十分な GPU リソースがないため、仮想マシンを起動できません。」

  • 「RemoteFX 3D ビデオ アダプターは現在サポートされていません。このアダプターを引き続き使用すると、セキュリティ リスクにさらされる可能性があります。詳細情報 (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=2131976)」

機能強化および修正

このセキュリティ更新プログラムには、更新プログラム KB4577066 (2020 年 9 月 8 日リリース) に同梱されている品質の向上と修正プログラムが含まれています。以下の問題も修正します。

  • 2021 年にフィジー諸島の夏時間 (DST) の最終日を修正します。詳細については、「Windows でフィジー諸島の DST を修正する」を参照してください。2020 年 10 月 13 日

  • 「ローカル ユーザー プロファイル ポリシーを削除する」が有効になっている場合に、グループ ポリシーが重要なファイルを再帰的に削除する問題を解決します。

  • ユーザー インターフェイスを通して Null ポートが作成される問題に対処します。

  • 2020 年 12 月に Adobe Flash のサポート終了したことをユーザーに知らせる通知が Internet Explorer 11 に追加されます。詳細については、KB4581051 を参照してください。

  • Microsoft Edge で Internet Explorer モードの拡張ハング検出の設定を構成する と発生する Microsoft Edge IE モードの問題に対処します。

  • 管理者が特定のセキュリティ ゾーンで JScript を無効にできるようにします。

  • Windows アプリ プラットフォームおよび Frameworks、Windows グラフィックス、Windows Shell、Windows Silicon Platform、Windows クラウド インフラストラクチャ、Windows Fundamentals、Windows 認証、Windows Virtualization、Windows Kernel、Windows Core Networking、Windows ネットワーク セキュリティおよびコンテナー、Microsoft リモート デスクトップ、および Windows SQL コンポーネントへのセキュリティ更新プログラム。

セキュリティ上の脆弱性の解決について詳しくは、セキュリティ更新プログラム ガイドをご覧ください。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

回避策

名前の変更など、クラスター共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、“STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)” というエラーで失敗する場合があります。このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。

  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

Microsoft は解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

サードパーティ製のドライバーをインストールする場合に、「Windows はこのドライバー ソフトウェアの発行元を確認できません」というエラーが表示されることがあります。Windows エクスプローラーを使用して署名プロパティを表示しようとすると、「サブジェクトに署名がありません」というエラーが表示されることもあります。

この問題は、次の 1 つ以上がドライバー パッケージに含まれている場合に発生します。

  • Windows による検証中、不適切に書式設定されたカタログ ファイルが識別されました。このリリース以降、Windows では、カタログ ファイルに DER エンコードされた PKCS # 7 コンテンツの有効性が必須になります。カタログ ファイルは、X.690 の一連のメンバー向け DER エンコードを記述するセクション 11.6 ごとに署名する必要があります。

  • ドライバー カタログ ファイル拡張子は、サポートされている拡張子の 1 つではありません。

この場合は、ドライバーの仕入先またはデバイスの製造元 (OEM) に、問題を修正するために更新されたドライバーがあるかお問い合わせください。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

最新のロールアップをインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。SSU は、更新プログラム プロセスの信頼性を改善し、ロールアップをインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」と「サービス スタック更新プログラム (SSU)」を参照してください。よく寄せられる質問

Windows Update を使用している場合は、最新の SSU (KB4566425) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログを検索してください。 

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

はい

ありません。この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」Web サイトに移動してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise、Windows Embedded 8.1 Industry Pro

分類:セキュリティ更新プログラム

 

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、 更新プログラム 4580347 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×