2021 年 1 月 26 日-KB4598301 Windows 10、バージョン 1909、Windows Server バージョン 1909 用 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラムのプレビュー

リリース日:
2021 年 1 月 26 日

バージョン:
.NET Framework 3.5 および 4.8

Windows 10、バージョン 1909、Windows Server の 2021 年 1 月 26 日の更新プログラム、バージョン 1909 には、.NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な信頼性の改善が含まれています。 この更新プログラムは、定期的な保守ルーチンの一部として適用することをお勧めします。 この更新プログラムをインストールする前に、「前提条件」と「再起動 要件のセクションを参照してください。

品質と信頼性の強化

ASP.NET

- 10 月 20 日にリリースされた更新プログラムをインストールした後、一部の ASP.Net アプリケーションがプリコンパイル中に失敗する問題を解決します。多くの場合、"Error ASPCONFIG" という単語が含まれるメッセージが表示されます。

WPF1

- レイアウトの丸めが有効で DPI のスケーリングが 100% ではない場合に、TreeView の最後までスクロールするときにハングする問題に対応します。

CLR2

- 自動ネイティブ イメージ生成タスクの信頼性が向上します。

1 Windows Presentation Foundation (WPF)
2  共通言語ランタイム (CLR)

この更新プログラムの既知の問題

現象

この更新プログラムをインストールした後、次のような呼び出し履歴を使用して、WPWPF アプリがクラッシュする場合があります。

Exception Info: System.NullReferenceException at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.HasCustomChrome(System.Windows.Interop.HwndSource, RECT ByRef) at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.GetEffectiveClientRect(IntPtr)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.PossiblyDeactivate(IntPtr, Boolean)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.Dispose()

これは、RootVisual が null の HwndSource を廃棄する場合に発生し、ウィンドウをドッキングまたは分割するときに Visual Studio で発生し、他のアプリで発生する可能性があります。

回避策

この問題を回避するには、"ライブラリコンシューマー向け AppContext" という見出しの下にある AppContext クラス (システム) で説明されているメソッドのいずれかを使用して、2 つの AppContext スイッチを設定します。  スイッチの名前は temSwitch.Sysされます。Windows.Interop.MouseInput.OptOutOfMoveToChromedWindowFix とSwitch.Sys tem.Windows.Interop.MouseInput.DoNotOptOutOfMoveToChromedWindowFix と両方が "true" に設定されている必要があります。   最初のスイッチはクラッシュを回避しますが、KB で修正されたバグを再導入します。  2 番目のスイッチは現在無視されますが、Null 参照クラッシュの修正プログラムを含む将来の .NET 更新プログラムで認識されます。 元のバグ修正が復元されます。

たとえば、アプリケーションスコープでapp.config方法を使用して回避策を適用します。

<AppContextSwitchOverrides value="Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.OptOutOfMoveToChromedWindowFix=true; Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.DoNotOptOutOfMoveToChromedWindowFix=true " />

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次のステップ

Windows Update と Microsoft Update

あり

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[更新プログラムの設定] > Windows Update &セキュリティ>に移動し、[更新プログラムの確認] を選択します

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムの単体パッケージを取得するには 、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセス します。

Windows Server Update Services (WSUS)

なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については 、Microsoft Update カタログ を参照してください。

注: この更新プログラムは、WSUS で 4598301 経由で利用できます。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新 プログラムのファイル情報をダウンロードします

必要条件

この更新プログラムを適用するには、.NET Framework 3.5 または 4.8 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルが使用されている場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。 この更新プログラムを適用する前に、すべての .NET Framework ベースのアプリケーションを終了することをお勧めします。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×