2021 年 1 月 26 日-KB4598461 Windows 10、バージョン 1809 および Windows Server、バージョン 2019 用 .NET Framework 3.5、4.7.2、4.8 用累積的な更新プログラムのプレビュー

リリース日:
2021 年 1 月 26 日

バージョン:
.NET Framework 3.5、4.7.2、4.8

概要

この記事では、Windows 10、バージョン 1809、Windows Server、バージョン 2019 の 3.5、4.7.2、4.8 の累積的な更新プログラムのプレビューについて説明します。

この更新プログラムの関連情報

次の記事には、個々の製品バージョンに関連するこの更新プログラムに関する追加情報が含まれます。

  •  4598303Windows 10、バージョン 1809 および Windows Server、バージョン 2019 用 .NET Framework 3.5 および 4.7.2 の累積的な更新プログラム (KB4598303) の説明

  •  4598300Windows 10、バージョン 1809 および Windows Server、バージョン 2019 (KB4598300) 用 .NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラムの説明

この更新プログラムの既知の問題

現象

この更新プログラムをインストールした後、次のような呼び出し履歴を使用して、WPWPF アプリがクラッシュする場合があります。

Exception Info: System.NullReferenceException at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.HasCustomChrome(System.Windows.Interop.HwndSource, RECT ByRef) at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.GetEffectiveClientRect(IntPtr)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.PossiblyDeactivate(IntPtr, Boolean)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.Dispose()

これは、RootVisual が Null の HwndSource を廃棄する場合に発生し、ウィンドウをドッキングまたは分割するときに Visual Studio で発生し、他のアプリで発生する可能性がある状況です。

回避策

この問題を回避するには、"ライブラリ利用者向け AppContext" という見出しの下にある AppContext クラス (システム) で説明されているメソッドのいずれかを使用して、2 つの AppContext スイッチを設定します。  スイッチの名前は temSwitch.Sysされます。Windows.Interop.MouseInput.OptOutOfMoveToChromedWindowFix とSwitch.Sys tem.Windows.Interop.MouseInput.DoNotOptOutOfMoveToChromedWindowFix と両方を "true" に設定する必要があります。   最初のスイッチはクラッシュを回避しますが、KB で修正されたバグを再導入します。  2 番目のスイッチは現在無視されますが、Null 参照クラッシュの修正プログラムを含む将来の .NET 更新プログラムで認識されます。 元のバグ修正が復元されます。

たとえば、アプリケーションスコープでapp.config方法を使用して回避策を適用します。

<AppContextSwitchOverrides value="Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.OptOutOfMoveToChromedWindowFix=true; Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.DoNotOptOutOfMoveToChromedWindowFix=true " />

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次のステップ

Windows Update と Microsoft Update

あり

この更新プログラムをダウンロードしてインストールするには、[更新プログラムの設定] > Windows Update &セキュリティ>に移動し、[更新プログラムの確認] を選択します

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムの単体パッケージを取得するには 、Microsoft Update カタログ Web サイトにアクセス します。

Windows Server Update Services (WSUS)

なし

この更新プログラムは WSUS に手動でインポートできます。 手順については 、Microsoft Update カタログ を参照してください。

注: この更新プログラムは、WSUS で 4598461 経由で利用できます。

この更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×