概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft SharePoint Server のリモートでコードが実行される脆弱性を解決します。 この脆弱性の詳細については、「Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2021-42294.

注: このセキュリティ更新プログラムを適用するには、コンピューター上にリリース版の Microsoft SharePoint Server 2019 がインストールされている必要があります。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムを適用すると、次のセキュリティ以外の問題が修正されます。

  • URL に Unicode 文字が含まれていると、Modern UI ビューのドキュメント ライブラリが空白になる問題を修正します。

  • テキスト入力が多い場合に、Firefox ブラウザーでリッチ テキスト エディターのツールバーが表示されない問題を修正します。

  • アクセシビリティの問題を修正し、リストの [新しい項目] ウィンドウで、aria 属性が要素の役割に許可されるようにします。

  • 上部のナビゲーション バーの色がサイトのメイン テーマと一緒に変更されなくなる問題を修正します。

  • ドキュメント ライブラリの [グループ化] メニューが、ModernUI でローカライズされていない問題を修正します。

注: これらの問題を完全に解決するには、この更新プログラムと共に KB 5002054 をインストールする必要があります。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「2021 年 12 月 15 日のセキュリティ更新プログラムの展開に関する情報 (KB5008541):」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 5001945 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

File name

SHA256 ハッシュ

wssloc2019-kb5002061-fullfile-x64-glb.exe

C9DBFBF6864A2D672C01CDF981BDBAA37E0F55B196CE652B7231F9C39893CA89

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム 5002061 に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

オンラインでの自分の保護: Windows セキュリティのサポート

サイバー脅威から保護する方法についての説明: Microsoft セキュリティ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×