目次
×

リリース日:
2021 年 2 月 9 日

バージョン:
.NET Framework 3.5 および 4.8

概要

このセキュリティ更新プログラムは、.NET Framework のサービス拒否の脆弱性に対応しています。 詳細については、CVE-2021-24111 を参照してください。

この更新プログラムの既知の問題

現象

この更新プログラムをインストールした後、次のような呼び出し履歴を使用して、WPF アプリがクラッシュする場合があります

Exception Info: System.NullReferenceException at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.HasCustomChrome(System.Windows.Interop.HwndSource, RECT ByRef)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.GetEffectiveClientRect(IntPtr)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.PossiblyDeactivate(IntPtr, Boolean)
at System.Windows.Interop.HwndMouseInputProvider.Dispose()

これは、RootVisual が null の HwndSource を廃棄する場合に発生し、ウィンドウをドッキングまたは分割するときに Visual Studio で発生し、他のアプリで発生する可能性があります。

回避策 

この問題は KB4601554 で解決されました

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

あり

なし。 この更新プログラムは、Windows Update から自動的にダウンロードおよびインストールされます。

Microsoft Update カタログ

あり

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

Windows Server Update Services (WSUS)

あり

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期されます。

            製品: Windows 10 Version 2004、Windows Server Version 2004、Windows 10 Version 20H2、Windows Server Version 20H2

            分類: セキュリティ更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルのリストについては、累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×