概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office のリモートでコードが実行される脆弱性を解決します。 この脆弱性の詳細については、「Microsoft Common Vulnerabilities and Exposures CVE-2022-21840」を参照してください。

機能追加および修正

このセキュリティ更新プログラムには、SharePoint Server サブスクリプション版の次のセキュリティ以外の問題についての修正プログラムと機能強化が含まれています。 この機能強化を有効にするか、この問題を完全に解決するには、この更新プログラムと共に KB 5002111 をインストールする必要があります。

  • ズーム値が 400% に設定されている場合、キーボードを使用して [その他のオプション] ボタンにアクセスできない問題を修正します。 

  • 添付ファイル編集フィールドのチェック ボタンに [名前] リスト Web パーツが定義されていない問題を修正します。

  • PowerShell ヘルプで Export-SPCertificate コマンドレットのパラメーター名が一致しない問題を修正します。

  • Add-SPShellAdminGet-SPShellAdmin、および Remove-SPShellAdmin コマンドレットの PowerShell の説明で、「database」という単語を大文字にします。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Microsoft Update

この更新プログラムは、Microsoft Update から利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、「Windows Update: FAQ」を参照してください。

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、 Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

方法 3: Microsoft ダウンロード センター

Microsoft ダウンロード センターからスタンドアロンの更新プログラム パッケージを取得できます。 ダウンロード ページのインストール手順に従って、更新プログラムをインストールします。

詳細情報

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

この更新プログラムの展開に関する情報については、「セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2022 年 1 月 11 日 (KB5010029)」を参照してください。

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムは、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラム 5002047 に置き換わるものです。

ファイル ハッシュ情報

File name

SHA256 ハッシュ

wssloc-subscription-kb5002110-fullfile-x64-glb.exe

E27459A9E55A34DC303BD1A9DE246755D9CC79B51C21845EE075A02768810AD9

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム 5002110 に含まれるファイルの一覧をダウンロードしてください。

保護とセキュリティに関する情報

オンラインでの自分の保護: Windows セキュリティのサポート

サイバー脅威から保護する方法についての説明: Microsoft セキュリティ

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×