関連トピック
×
Microsoft アカウントでサインイン
サインインするか、アカウントを作成します。
こんにちは、
Select a different account.
複数のアカウントがあります
サインインに使用するアカウントを選択してください。

リリース日:

2022/11/08

バージョン:

セキュリティのみの更新プログラム

要約

このセキュリティのみの更新プログラム (機能強化、既知の問題、更新プログラムの入手方法など) について詳しく説明します。

REMINDER Windows Server 2012はメインストリーム サポートの終了に達し、現在延長サポート中です。 2020 年 7 月以降、このオペレーティング システムには、オプションの非セキュリティ リリース (別称 "C" または "D" リリース) はありません。 延長サポート期間中のオペレーティング システムには、累積的な月例セキュリティ更新プログラム (別称「B」または Update Tuesday リリース) のみが提供されます。

この更新プログラムをインストールする前に、「この更新プログラムの入手方法」 セクションに記載されている必要な更新プログラムがインストールされていることを確認します 

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、次の 記事 を参照してください。 その他のノートやメッセージを表示するには、Windows Server 2012 の更新履歴のホーム ページをご覧ください。

機能追加

このセキュリティのみの更新プログラムには、次の重要な変更が含まれています。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、「展開」|を参照してください。セキュリティ更新プログラム ガイド2022 年 11 月のセキュリティ 更新

この更新プログラムの既知の問題

症状

次の手順

この更新プログラムまたはそれ以降の Windows 更新プログラムがインストールされると、ドメイン参加操作が失敗し、"0xaac (2732): NERR_AccountReuseBlockedByPolicy" というエラーが発生する可能性があります。 さらに、"同じ名前のアカウントが Active Directory に存在します。 セキュリティ ポリシーによってブロックされたアカウントの再利用" が表示される場合があります。

影響を受けるシナリオには、コンピューター アカウントがドメインへの参加または再参加に使用される ID とは異なる ID によって作成または事前にステージングされた、一部のドメイン参加または再イメージング操作が含まれます。

この問題の詳細については、「 KB5020276 - Netjoin: ドメイン参加の強化の変更」を参照してください。

Windows のコンシューマー デスクトップ エディションでは、この問題が発生する可能性は低いです。

KB5020276 にガイダンスを追加し、将来のWindows Updateで最適化を実行できるかどうかを評価しています。 このガイダンスは、変更がリリースされるとすぐに更新されます。

2022 年 11 月 8 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムを、ドメイン コントローラーの役割を使用する Windows サーバーにインストールすると、Kerberos 認証で問題が発生する場合があります。 この問題は、環境内のすべての Kerberos 認証に影響を与える可能性があります。 影響を受ける可能性のあるいくつかのシナリオ:

  • ドメイン ユーザーのサインインが失敗する可能性があります。 これは、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 認証にも影響する可能性があります。

  • グループ管理サービス アカウント (gMSA) は、認証に失敗する可能性があります。

  • ドメイン ユーザーを使用したリモート デスクトップ接続は、接続に失敗する可能性があります。

  • ワークステーション上の共有フォルダーとサーバー上のファイル共有にアクセスできない可能性があります。

  • ドメイン ユーザー認証を必要とする印刷が失敗する可能性があります。

この問題が発生すると、ドメイン コントローラーのイベント ログの [システム] セクションで、次のテキストを含む Microsoft-Windows-Kerberos-Key-Distribution-Center イベント ID 4 エラー イベントを受信することがあります。

影響を受けるイベントには、"欠落しているキーの ID は 1" という文字列が含まれます。

While processing an AS request for target service <service>, the account <account name> did not have a suitable key for generating a Kerberos ticket (the missing key has an ID of 1). The requested etypes : 18 3. The accounts available etypes : 23 18 17. Changing or resetting the password of <account name> will generate a proper key.

この問題は、2022 年 11 月のセキュリティ更新プログラム以降の、Netlogon と Kerberos のセキュリティ強化の一部として想定されていません。  この問題が解決した後でも、これらの記事のガイダンスに従う必要があります。

コンシューマーが自宅で使用する Windows デバイスまたはオンプレミス ドメインの一部ではないデバイスは、この問題の影響を受けることはありません。 ハイブリッドではなく、オンプレミスの Active Directory サーバーがない Azure Active Directory 環境は影響を受けません。

この問題は、更新プログラム KB5021652 で解決されます。

この更新プログラムまたは後の更新プログラムをドメイン コントローラー (DC) にインストールすると、ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス (LSASS,exe) でメモリ リークが発生する可能性があります。 DC のワークロードと、サーバーの最後の再起動後の時間によっては、LSASS はサーバーのアップタイムに伴ってメモリ使用量を継続的に増加させ、サーバーが応答しなくなるか、自動的に再起動する可能性があります。

2022 年 11 月 17 日および 2022 年 11 月 18 日にリリースされた DC の帯域外更新プログラムは、この問題の影響を受ける可能性があります。

この問題を軽減するには、管理者としてコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを使用してレジストリ キー KrbtgtFullPacSignature0 に設定します。

reg add "HKLM\System\CurrentControlSet\services\KDC" -v "KrbtgtFullPacSignature" -d 0 -t REG_DWORD

この既知の問題が解決されたら、環境で許可される内容に応じて、 KrbtgtFullPacSignature を高い設定に設定する必要があります。 環境の準備ができたらすぐに強制モードを有効にすることをお勧めします。

このレジストリ キーの詳細については、「 KB5020805: CVE-2022-37967 に関連する Kerberos プロトコルの変更を管理する方法」を参照してください。

マイクロソフトは解決方法に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供します。

この更新プログラムをインストールした後、Microsoft ODBC SQL Server Driver (sqlsrv32.dll) を介して ODBC 接続を使用してデータベースにアクセスするアプリが接続されない可能性があります。 さらに、アプリでエラーが発生する場合や、SQL Serverからエラーが発生する場合があります。 発生する可能性があるエラーには、次のメッセージが含まれます。

  • EMS システムで問題が発生しました。
    メッセージ: TDS Stream の [Microsoft][ODBC SQL Server Driver] プロトコル エラー。

  • EMS システムで問題が発生しました。
    メッセージ: [Microsoft][ODBC SQL Server Driver] SQL Serverから受信した不明なトークン。

開発者向けの注意事項: この問題の影響を受けるアプリは、 SQLFetch 関数を使用する場合など、データのフェッチに失敗する可能性があります。 この問題は、SQLFetch の前に SQLBindCol 関数 を呼び出すか、SQLFetch の後に SQLGetData 関数 を呼び出すとき、および 4 バイトより大きい固定データ型 (SQL_C_FLOAT など) の 'BufferLength' 引数に値 0 (ゼロ) が指定されている場合に発生する可能性があります。

影響を受けるアプリを使用しているかどうかを判断するには、データベースに接続するアプリを開きます。 コマンド プロンプト ウィンドウを開き、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

tasklist /m sqlsrv32.dll

コマンドがタスクを返した場合、アプリが影響を受ける可能性があります。

この問題を軽減するには、次のいずれかの操作を行います。

  • アプリで既にデータ ソース名 (DSN) を使用している場合、またはデータ ソース名 (DSN) を使用して ODBC 接続を選択できる場合は、SQL Server用の Microsoft ODBC Driver 17 をインストールし、DSN を使用してアプリで使用するために選択します。

    メモ:Microsoft ODBC Driver 17 for SQL Serverの最新バージョンをお勧めします。これは、現在、microsoft ODBC Driver 18 for SQL Serverよりも従来の Microsoft ODBC SQL Server Driver (sqlsrv32.dll) を使用しているアプリと互換性があるためです。

  • アプリで DSN を使用できない場合は、アプリを変更して DSN を許可するか、Microsoft ODBC SQL Server Driver (sqlsrv32.dll) よりも新しい ODBC ドライバーを使用できるようにする必要があります。

この問題は KB5022343 で解決されました。 上記の回避策を実装している場合は、回避策で構成を引き続き使用することをお勧めします。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 SSU は、更新プログラム プロセスの信頼性を改善し、ロールアップをインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

Windows Updateを使用すると、最新の SSU (KB5016263) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」 を検索してください。 

リマインダー セキュリティのみの更新プログラムを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティのみの更新プログラムと Internet Explorer の最新の累積的な更新プログラム (KB5019958) もインストールする必要があります。

言語パック

この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Windows に言語パックを追加するを参照してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

使用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

いいえ

他のオプションについては以下を参照してください。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品: Windows Server 2012、Windows Embedded 8 Standard

分類: セキュリティ更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、更新プログラム KB5020003 のファイル情報をダウンロードしてください。

参考文献

Microsoft ソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について説明します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×