目次
×

リリース日:

2022/03/28

バージョン:

OS ビルド 22000.593

更新プログラムの用語Windows、更新プログラムの種類と月次品質更新 Windowsの種類に関する記事を参照してください。 Windows 11 (Windows リリース) の概要については、更新履歴ページを参照してください

@WindowsUpdateして、新しいコンテンツがリリース正常性ダッシュボードに発行Windows確認します。

ハイライト

  • 新機能! 最大 3 つの優先度の高いトースト通知を同時に表示します。 この機能は、OS の通知を使用して通話、アラーム、アラームの通知Windowsを送信するアプリ向けです。 その結果、最大 4 つのトースト通知が同時に表示される場合があります。3 つの優先度の高い通知と 1 つの通常の優先度の通知です。

  • 名前を変更して Enter キーを押Microsoft OneDriveファイルのフォーカスが失われる可能性がある問題を更新します。 ファイルがフォーカスを失った場合は、使用する前にもう一度選択する必要があります。

  • ウィジェットという単語を設定に対応するページを返します。 

機能強化

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主な変更は、次のとおりです。

  • 新機能! 最大 3 つの優先度の高いトースト通知を同時に表示します。 この機能は、OS の通知を使用して通話、アラーム、アラームの通知Windowsを送信するアプリ向けです。 その結果、最大 4 つのトースト通知が同時に表示される場合があります。3 つの優先度の高い通知と 1 つの通常の優先度の通知です。

  • OS をアップグレードした後、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリの自動起動をオフにする問題を修正します。

  • ユーザーが動作 を停止SystemSettings.exe 問題を解決します。

  • searchindexer に影響する問題を修正します使用して、Microsoft Outlookのオフライン検索で最近のメールが返されるのを防ぐ。

  • アプリケーションの起動時間が増加する問題にWindows。 この問題は、5G ワイヤレスワイド エリア ネットワーク (WWAN) デバイスのウェイクアップが遅い場合に、ネットワーク API の UI スレッドが応答を停止するために発生します。

  • System Center Operations Manager (SCOM ) データセンター監視システムで多くの誤ったアラームが発生する、wmipicmp.dllモジュールのメモリ リークを処理します。

  • レジストリから実行ポリシーの設定が正しく返されない問題を修正します。

  • gpresult/h によって生成された HTML を最新のブラウザーが正しくレンダリングできない問題を修正します。

  • AppLocker の PowerShell テスト中にファイルの "アクセス拒否" 例外が発生する問題を修正します。

  • サインインしているユーザーの数が 100 を超えると、リモート デスクトップ サービス (RDS) サーバーが不安定になる問題を修正します。 これにより、WINDOWS Server 2019 で RDS を使用して発行されたアプリケーションにアクセスできません。

  • ドメインまたは組織単位 (OU) を参照するときにエラー メッセージが返される問題を修正します。 この問題は、不適切なメモリのゼロアウトが原因で発生します。

  • グループ ポリシー管理コンソールを閉じると動作が停止する問題を修正します。 システムは、アプリケーション エラー イベント ID 1000 とエラーをログに記録し、0xc0000005 (STATUS_ACCESS_VIOLATION);失敗した モジュールがGPOAdmin.dll

  • グループ ポリシー レジストリ設定のテレメトリ情報の処理をグループ ポリシー サービスが停止する原因となる可能性がある問題を修正します。

  • DirectX カーネル コンポーネントの停止エラー (0xD1、DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL) を修正します。

  • ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス ( LSASS)Kerberos.dll 動作を停止する原因となる可能性がある問題を修正します。 これは、LSASS が同じクライアント ユーザーに対して同時に Service for User (S4U) のユーザー間 (U2U) 要求を処理するときに発生します。

  • キー配布センター (KDC) プロキシに影響する問題を修正します。 KDC プロキシは、Key Trust Windows Hello for Business にサインインするために Kerberos チケットを正しく取得できません。

  • Azure Active Directory (AAD) Web アカウント マネージャー (WAM) での Microsoft アカウント (MSA) パススルー シナリオのサポートを追加しました。

  • フェールオーバー クラスター名オブジェクト (CNO) や仮想コンピューター オブジェクト (VCO) のパスワード変更など、特定のパスワード変更シナリオ中にイベント ID 37 をログに記録する問題を修正します。

  • ユーザー アカウント制御 (UAC) ダイアログに、昇格された特権を要求しているアプリケーションが正しく表示されない問題を修正します。

  • 名前を変更して Enter キーを押Microsoft OneDriveファイルのフォーカスが失われる可能性がある問題を修正します。

  • ウィジェットという単語を設定に対応するページを返します

  • ポリシーの変更後にイベント 4739 で特定の属性の新しい値が表示されない問題を修正します。

  • ドメイン間でコンピューター アカウントを移動すると Move-ADObject コマンドが失敗する問題を修正します。 エラー メッセージは、"1 つの値のみを持つ属性に対して複数の値が指定されました" です。

  • SMB のセキュリティ強化が有効になっているときに、IP アドレスを使用してサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有にアクセスできる問題に対処します。

  • SMB サーバー (0x1E) で停止エラーが発生する問題をsrv2.sys

  • クラスターの作成時に NetBIOS ドメイン名と DNS Active Directory ドメイン名の間で不一致が発生する問題を修正します。

以前の更新プログラムをインストールした場合、このパッケージに含まれる新しい更新プログラムだけがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

Windows 11 サービス スタック更新プログラム - 22000.581

この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービス スタックの品質を向上します。 サービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることで、堅牢で信頼性の高いサービス スタックを利用し、デバイスで Microsoft の更新プログラムを受信し、インストールできるようになります。 

この更新プログラムに関する既知の問題

適用対象

現象

回避策

IT 管理者

影響を受けるバージョンの Windows に 2022 年 1 月 11 日以降にリリースされた Windows 更新プログラムをインストールした後、コントロール パネルでバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスク (CD または DVD) が起動できない場合があります。

2022 年 1 月 11 日より前にリリースされた Windows 更新プログラムがインストールされているデバイス上のバックアップと復元 (Windows 7) アプリを使用して作成された回復ディスクは、この問題の影響を受けず、想定どおりに起動します。

注意現在、この問題の影響を受けることがわかっているサード パーティのバックアップ アプリまたは回復アプリはありません

この問題は KB5014019 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

Microsoft では、オペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) と、最新の累積的な更新プログラム (LCU) を組み合わせたものになります。 SSU の一般的な情報については、「 サービス スタックの更新プログラムとサービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」を参照してください。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update または Microsoft Update

はい

[セキュリティ設定更新&更新プログラム] > Windowsします。 [利用可能なオプションの更新プログラム] 領域に、更新プログラムをダウンロードしてインストールするリンクが表示されます。

ビジネス向け更新プログラム

いいえ

ありません。 これらの変更は、このチャネルの次のセキュリティ更新プログラムに含まれます。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスしてください。

Windows Server Update Services (WSUS)

いいえ

この更新プログラムは、WSUS に手動でインポートできます。 手順については、Microsoft Update カタログを参照してください。

LCU を削除したい場合

結合された SSU パッケージと LCU パッケージをインストールした後に LCU を削除するには、引数として LCU パッケージ名を指定して DISM/Remove-Package コマンド ライン オプションを使用します。 パッケージ名を調べるには、次のコマンドを使用します。DISM /online /get-packages

結合WindowsパッケージSSU が含まれているため、結合されたパッケージで /uninstall スイッチを使用してwusa.exeインストーラー (wusa.exe) を更新すると、実行は機能しません。 インストール後に SSU をシステムから削除することはできません。

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、累積的な更新プログラムのファイル情報をダウンロード5011563。 

サービス スタックの更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、SSU - バージョン 22000.581 のファイル情報をダウンロードしてください。 

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×