関連トピック
×

リリース日:

2022/06/14

バージョン:

セキュリティのみの更新プログラム

要約

機能強化、既知の問題、更新プログラムの入手方法など、このセキュリティのみの更新プログラムについて詳しく説明します。

重要 2022 年 5 月 19 日に、ドメイン コントローラーでマシン証明書認証エラーが発生する可能性がある問題に対処するために、帯域外 (OOB) 更新プログラムをリリースしました。 2022 年 5 月 19 日以降のリリースをインストールしていない場合は、この 2022 年 6 月 14 日更新プログラムをインストールすると、その問題にも対処できます。 詳細については、この記事の「この更新プログラムをインストールする前に」セクションを参照してください。

重要 Windows Server 2012 は、メインストリーム サポートが終了し、現在は延長サポート期間となっています。 2020 年 7 月以降、このオペレーティング システムには、オプションの非セキュリティ リリース (別称 "C" または "D" リリース) はありません。 延長サポート期間中のオペレーティング システムには、累積的な月例セキュリティ更新プログラム (別称「B」または Update Tuesday リリース) のみが提供されます。

この更新プログラムをインストールする前に、「この更新プログラムの入手方法」 セクションに記載されている必要な更新プログラムがインストールされていることを確認します 

緊急、セキュリティ、ドライバー、サービス パックなど、さまざまな種類の Windows 更新プログラムの詳細については、次の 記事 を参照してください。 その他のノートやメッセージを表示するには、Windows Server 2012 の更新履歴のホーム ページをご覧ください。

改善点

このセキュリティのみの更新プログラムには、次の問題に対する新しい機能強化が含まれています。

  • 低整合性レベル (LowIL) プロセス アプリケーションから NUL ポートに印刷すると、印刷エラーが発生する可能性があります。

  • Microsoft File Server シャドウ コピー エージェント サービスCVE-2022-30154 の特権の昇格 (EOP) の脆弱性に対処します。 保護されて機能するには、2022 年 6 月 14 日以降の Windows 更新プログラムをアプリケーション サーバーとファイル サーバーの両方にインストールする必要があります。 アプリケーション サーバーは、ファイル サーバー上のリモート サーバー メッセージ ブロック 3.0 (またはそれ以降) 共有にデータを格納するボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) 対応アプリケーションを実行します。 ファイル サーバーは、ファイル共有をホストします。 両方のマシン ロールに更新プログラムをインストールしないと、以前に動作していたアプリケーションによって実行されたバックアップ操作が失敗する可能性があります。 このような障害のシナリオでは、Microsoft File Server シャドウ コピー エージェント サービスは FileShareShadowCopyAgent イベント 1013 をファイル サーバーに記録します。 詳細については、 KB5015527 を参照してください。

解決されたセキュリティの脆弱性の詳細については、新しいセキュリティ更新プログラム ガイドの Web サイトと 2022 年 6 月のセキュリティ 更新を参照してください。

この更新プログラムに関する既知の問題

現象

次の手順

名前の変更 など、クラスターの共有ボリューム (CSV) 上のファイルまたはフォルダーに対して実行する操作によっては、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」 というエラーで失敗する可能性があります。 このエラーは、管理者特権を持たないプロセスから CSV 所有者ノードに対して操作を実行したときに発生します。

次のいずれかの操作を行います。

  • 管理者特権を持つプロセスから操作を実行する。

  • CSV 所有権を持たないノードから操作を実行する。

Microsoft では現在この問題の解決に取り組んでおり、今後のリリースで更新プログラムを提供する予定です。

この更新プログラムをインストールした後、Windows デバイスでWi-Fiホットスポット機能を使用できない可能性があります。 ホットスポット機能を使用しようとすると、クライアント デバイスの接続後にホスト デバイスがインターネットへの接続を失う可能性があります。

この問題は KB5015875 で解決されています。

この更新プログラムをインストールした後、ルーティングとリモート アクセス サービス (RRAS) を使用する Windows サーバーがインターネット トラフィックを正しく転送できない可能性があります。 サーバーに接続するデバイスはインターネットに接続されない可能性があり、クライアント デバイスの接続後にサーバーがインターネットへの接続を失う可能性があります。

この問題は KB5015875 で解決されています。

この更新プログラムの入手方法

この更新プログラムをインストールする前に

マシン証明書の認証に関する考慮事項については、次のいずれかの操作を行います。

  • 認証されたクライアントからドメイン コントローラー (DC) に認証証明書を最初に渡すすべての中間サーバーまたはアプリケーション サーバーに、この 2022 年 6 月 14 日の更新プログラムをインストールします。 次に、この更新プログラムをすべての DC ロール コンピューターにインストールします。

  • または、すべての DC で KB5014754レジストリ キー情報セクションで説明されているように、CertificateMappingMethods0x1Fに事前設定します。 CertificateMappingMethods レジストリ設定は、2022 年 6 月 14 日の更新プログラムがすべての中間サーバーまたはアプリケーション サーバーおよびすべての DC にインストールされた後にのみ削除します。

    メモCertificateMappingMethods レジストリ設定を追加、変更、または削除しても、デバイスの再起動は必要ありません。

最新の累積更新プログラム (LCU) をインストールする前に、お使いのオペレーティング システム用の最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) をインストールすることを強くお勧めします。 SSU は、更新プログラム プロセスの信頼性を改善し、ロールアップをインストールして Microsoft のセキュリティ修正プログラムを適用するときに発生する可能性がある問題を緩和します。 SSU に関する一般的な情報については、「サービス スタック更新プログラム」 と 「サービス スタック更新プログラム (SSU): よく寄せられる質問」 を参照してください。

Windows Updateを使用すると、最新の SSU (KB5014027) が自動的に提供されます。 最新の SSU のスタンドアロン パッケージを入手するには、「Microsoft Update カタログ」 を検索してください。 

リマインダー セキュリティのみの更新プログラムを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティのみの更新プログラムと、Internet Explorer用の最新の累積的な更新プログラム (KB5011486) もインストールする必要があります。

この更新プログラムのインストール

リリース チャネル

利用可能

次の手順

Windows Update および Microsoft Update

いいえ

他のオプションについては以下を参照してください。

Microsoft Update カタログ

はい

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを取得するには、Microsoft Update Catalog Web サイトにアクセスします。

Windows Server Update Services (WSUS)

はい

次のように [製品と分類] を構成すると、この更新プログラムは WSUS と自動的に同期します。

製品:  Windows Server 2012、Windows Embedded 8 Standard

分類: セキュリティ更新プログラム

ファイル情報

この更新プログラムで提供されるファイルの一覧については、KB5014741 のファイル情報をダウンロードします。

参考文献

2022 年 6 月 14 日にリリースされたセキュリティ更新プログラムの詳細については、「セキュリティ更新プログラムの展開情報: 2022 年 6 月 14 日 (KB5015454)」を参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×