現象

この問題は、Microsoft Exchange Server 2003 から Microsoft Exchange Server 2010 のパブリック フォルダーを含む .pst ファイルをインポートした後に発生します。イベント ログは、次のようになります。

ログ名: アプリケーション
ソース: MSExchangeIS パブリック ストア
日付:日付と時刻
イベント ID: 3091
タスク カテゴリ: レプリケーション エラー
レベル: 警告
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター:コンピューター
説明: 受信複製メッセージを処理中にエラー 0x8004010f が発生しました。

原因

この問題は、パブリック フォルダーを含む .pst ファイルは、 PR_EXTENDED_ACL_DATAプロパティを持つために発生します。ただし、プロパティを認識され、Exchange Server 2010 年までに処理することはできません。したがって、パブリック フォルダーのレプリケーションが失敗します。

解決策

この問題を解決するには、以下の更新プログラムをインストールします。

Exchange Server 2010 Service Pack 3 用の更新プログラム ロールアップ 9

回避策

各 .pst ファイルを Exchange Server 2010 にインポートする前に、この問題を回避するのには、.pst ファイルを開くし、Microsoft Exchange Server の MAPI エディター (MFCMAPI) ユーティリティを使用してPR_EXTENDED_ACL_DATAプロパティを削除します。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

発行フォルダーのレプリケーションの詳細については、Exchange Server 2010 のパブリック フォルダーのレプリケーションを理解するを参照してください。

MFCMAPI ユーティリティの詳細については、 Microsoft Exchange Server の MAPI エディターを参照してください。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

言語の品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

×