Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム: 2019 年 6 月 12 日

Support Topic: Browser\Microsoft Edge - duplicate (do not use)\Security + Privacy\Vulnerabilities/exploits/security bulletins

概要

このセキュリティ更新プログラムは、「対象製品」セクションに記載されているいずれかのオペレーティング システムにインストールされている Adobe Flash Player の脆弱性を解決します。


これらの脆弱性の詳細については、ADV190015 を参照してください。 

詳細情報

重要

  • Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、および Windows RT 8.1 のすべてのセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムには、更新プログラム 2919355 がインストールされている必要があります。  将来の更新プログラムをインストールするために、Windows Server 2012 R2 ベース、Windows 8.1 ベース、または Windows RT 8.1 ベースのコンピューターに更新プログラム 2919355 をインストールしておくことをお勧めします。 

  • この更新プログラムをインストールした後に言語パックをインストールした場合は、この更新プログラムを再インストールする必要があります。 そのため、この更新プログラムをインストールする前に、必要な言語パックをすべてインストールすることをお勧めします。 詳細については、「Add language packs to Windows」(英語情報) を参照してください。

  • この更新プログラムは、この資料の「概要」に記載されている Windows オペレーティング システムに適用されます。  以前のバージョンの Windows に Adobe Flash Player の更新プログラムをインストールする場合は、Adobe Flash Player のダウンロードを試してください。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

方法 1: Windows Update

この更新プログラムは、Windows Update を介して利用可能です。 自動更新を有効にすると、この更新プログラムは自動的にダウンロードおよびインストールされます。 セキュリティ更新プログラムを自動的に入手する方法の詳細については、Windows Update: FAQ を参照してください。

注意事項

  • Windows RT 8.1 用のこの更新プログラムは、Windows Update を介してのみ入手可能です。

  • Windows Server 2016 および Windows 10 、Version 1607 の場合、更新プログラムが自動的にインストールされないことがあります。 この更新プログラムを入手するには、次の手順を実行します。

    1. [スタート] ボタンを押し、「更新プログラムの確認」と入力します。

    2. [更新プログラムの確認] をクリックします。 

方法 2: Microsoft Update カタログ

この更新プログラムのスタンドアロン パッケージを入手するには、Microsoft Update カタログ Web サイトを参照してください。

検出および展開

セキュリティ セントラル

組織内のサーバー、デスクトップ、およびモバイル システムに展開する必要があるソフトウェアとセキュリティ更新プログラムを管理できます。 詳細については、TechNet 更新プログラム管理センターを参照してください。

セキュリティ更新プログラムを Microsoft Update カタログからダウンロードできます。 Microsoft Update カタログは、Windows Update および Microsoft Update を介して提供されたコンテンツの検索可能なカタログを提供します。 これには、セキュリティ更新プログラム、ドライバー、および Service Pack が含まれます。 詳細については、Microsoft Update カタログの FAQ を参照してください。

検出と展開の手引き

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラムの検出および展開に関して、ガイダンスを提供しています。 このガイダンスには、IT プロフェッショナルがセキュリティ更新プログラムの検出および展開のための多様なツールの使用方法を理解するのに役立つ推奨策および情報が含まれています。 詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 961747 を参照してください。

Microsoft Baseline Security Analyzer

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用すると、管理者は不足している更新プログラムおよび一般的なセキュリティ設定の不備についてローカルおよびリモート システムをスキャンできます。  詳細については、「Microsoft Baseline Security Analyzer」を参照してください。

Windows Server Update Services

Windows Server Update Services (WSUS) を使用すると、情報技術部門の管理者が、最新のマイクロソフト製品の更新プログラムを Windows を実行しているコンピューターに展開することができます。 WSUS を使用してセキュリティ更新プログラムを展開する方法については、次の Microsoft TechNet のトピックを参照してください。

Windows Server Update Services

Systems Management Server

以下の表は、このセキュリティ更新プログラムの Microsoft Systems Management Server (SMS) 検出および展開の概要を示しています。

ソフトウェア

SMS 2003 with ITMU

System Center Configuration Manager

Windows 8.1 for 32-bit Systems

いいえ

はい

Windows 8.1 for 64-bit Systems

いいえ

はい

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2

いいえ

はい


注: マイクロソフトは、2011 年 4 月 12 日をもって SMS 2.0 のサポートを終了しました。 SMS 2003 に関しては、2011 年 4 月 12 日をもって Security Update Inventory Tool (SUIT) のサポートも終了しました。 System Center Configuration Manager にアップグレードすることをお勧めします。

SMS 2003 の場合、Microsoft 更新プログラム用 SMS 2003 インベントリ ツール (ITMU) を SMS で使用して、Windows Server Update Services でサポートされているセキュリティ更新プログラムを検出します。 詳細については、「Systems Management Server 2003」を参照してください。

System Center Configuration Manager は WSUS 3.0 を使用して更新プログラムを検出します。 詳細については、「System Center Developer Documentation Library」(英語情報) を参照してください。

Update Compatibility Evaluator および Application Compatibility Toolkit

更新プログラムは、アプリケーションの実行に必要な同じファイルとレジストリ設定に頻繁に書き込みます。 このために、互換性の問題が発生し、セキュリティ更新プログラムを展開するために必要な時間が長くなる可能性があります。 Application Compatibility Toolkit (ACT) に含まれる Update Compatibility Evaluator コンポーネントを使用すると、インストール済みのアプリケーションに対する Windows 更新プログラムのテストと検証を合理化することができます。

Application Compatibility Toolkit には、Windows Update、マイクロソフト セキュリティ更新プログラム、または新しいバージョンの Internet Explorer を自社環境に展開する前にアプリケーションを評価してその互換性の問題を減らすために必要なツールとドキュメントが含まれています。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

展開に関するその他の情報

このセキュリティ更新プログラムの展開の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2019 年 6 月 12 日


ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 10 のファイル情報

ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows 8.1、Windows RT 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

注意事項

インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。


ファイル情報
英語 (米国) バージョンのこのソフトウェア更新プログラムで、次の一覧の属性を持つファイルがインストールされます。

Windows Server 2012 のファイル情報

注意事項

インストールされている MANIFEST ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) は記載されていません。

Windows 10 Version 1903 のファイル情報

Windows 10 Version 1809 および Windows Server 2019 のファイル情報

Windows 10 Version 1803 のファイル情報

Windows 10 Version 1709 のファイル情報

Windows 10 Version 1703 のファイル情報

Windows 10 Version 1607 および Windows Server 2016 のファイル情報

Windows 10 (最初のバージョンは 2015 年 7 月リリース) のファイル情報

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報

Windows Server 2012 のファイル情報

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×