Azure のサイトの回復用の更新プログラムのロールアップ 17

概要

この資料では、Microsoft Azure のサイトの回復の次のバージョンの更新プログラムのロールアップ 17 で修正される問題について説明します。

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.2250.0)

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.8.4455.1)

については、修正される問題に関する詳細情報前提条件この更新プログラムをインストールする前に検証する必要があります。

概要

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 17 は、Microsoft Azure のサイト回復サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムに適用されます。これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダーには、System Center Virtual Machine Manager (3.3 。x.x)

  • Microsoft Azure サイト回復の HYPER-V のプロバイダー (4.6 。x.x)

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1 。x.x)

Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.0.4016.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ (Azure に VMware) が適用されるは、プログラムのロールアップの 17 を更新します。

修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる機能強化

この更新プログラムを適用すると、以下の問題を修正すると、し、次の機能強化が含まれます。

Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー

機能強化

  • トラブルシューティングに役立つ保護エラーのエラー メッセージが強化されました。

修正される問題

  • 該当なし

Microsoft Azure サイト回復の統合セットアップ

機能強化

  • オペレーティング システム ロケールの検出、IIS 構成、および互換性のないグループ ポリシー オブジェクトの前提条件を向上します。

修正される問題

  • これで USB デバイスを接続している仮想マシンを保護するためのケースを処理します。これで ASR は、USB デバイスを仮想マシンの保護に失敗しているのではなく絞り込まれます。

モビリティ サービス

機能強化

  • SUSE Linux エンタープライズ サーバー 11 Service Pack 4 のサポートが含まれています。

  • 複数のネットワーク アダプターを持つ仮想マシンを保護するための信頼性の向上。エージェント インテリジェントな選択、サポートされている IP 範囲 APIPA アドレスと同じようにサポートされていない 1 つをフィルタ リング (169.254.0.0 ~ 169.254.255.255) です。これもアドレス表記法がサポートされていないこと、ネットワーク アダプターを手動で無効化の依存関係を削除する複数のネットワーク アダプターの構成を持つ仮想マシンの保護の成功率が向上します。

  • モビリティの強化は、主なパフォーマンス指標と保守性の測定値を向上させるために診断のコレクションをサービスします。

修正される問題

  • 変更された IP アドレスが誤って報告されるモビリティ サービスによって Linux のシナリオを修正します。検出が発生すると、場合によっては、変更された IP アドレスはサービスに送信されませんが、キャッシュから古いエントリを選択する代わりに保護エラーが発生します。

  • Red Hat エンタープライズ Linux サーバー 7.2 モビリティ サービスのフィルター ドライバーが読み込まれません、3.10.0-514 カーネルを実行するためには、問題を修正します。これにより、レプリケーションを停止します。3.10.0.514 では、Red Hat エンタープライズ サーバー 7.2 を実行するかどうか、カーネル、システムの保護を無効にして、この更新プログラムのロールアップの一部であるモビリティ サービスのバージョンにアップグレードすることによって保護を有効にする必要があります。

  • モビリティ サービスのインストールが失敗します。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

    MSI (s) (10:50) [時間]: 実行中の op: ActionStart (名前 = Invoke_DataPoolSize、および) CAQuietExec: C:\Program Files (x86) \Microsoft Azure Site Recovery\agent >/B 0 を終了します。
    MSI (s) (10:50) [時間]: 実行中の op: CustomActionSchedule (アクション = Invoke_DataPoolSize、ファイアウォール = 3073、ソース データでターゲットを = = CAQuietExec、CustomActionData ="C:\Program Files (x86) \Microsoft Azure Site Recovery\agent\GetDataPoolSize\DataPoolSize.bat"「C:\Program Files (x86) \Microsoft Azure サイト Recovery\agent\GetDataPoolSize」)
    MSI (s) (10:88) [時間]: リモートのカスタム アクションを起動します。DLL: C:\Windows\Installer\MSIB628.tmp、エントリ ポイント: CAQuietExecCAQuietExec: エラー 0x80070003: コマンド ・ ラインにエラーが返されます。CAQuietExec: エラー 0x80070003: CAQuietExec が失敗しました。

  • ProgramData フォルダーがシステム ドライブ上に存在しない場合、モバイル サービスのインストールが失敗します。

  • モビリティ サービスのアップグレードが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。

    時間: いずれかのインストール ディレクトリとエージェントの役割/CSIP/CSPort/GUID 値は、null または無効です。アップグレードを先を続行できません。
    時間: 構成のサーバーへの登録に失敗しました。
    時間: InMage エージェントのレジストリ ハイブを削除します。
    時間: エージェントのレジストリ ハイブを削除できません。
    時間: 例外が発生しました: が見つかりません: サブキーが存在しないために、サブキー ツリーを削除できません。
    Microsoft.Win32.RegistryKey.DeleteSubKeyTree (文字列サブキー) に
    UnifiedAgent.UAInstallActionProcessess.DeleteAgentRegistry() で
    時間: インストールに失敗しました。
    時間: ファイル C:\Temp\ASRSetup\Passphrase.txt が存在しません。
    時間: ファイル C:\Temp\ASRSetup\Passphrase.txt が存在しません。
    時間: アプリケーションの終了
    時間: 統一されたエージェントから返されたコードの終了: 0(Successful)

Microsoft Azure のサイトの回復 (サービス側の修正プログラム)

機能強化

  • リソース マネージャーの展開の可用性をサポートします。ユーザーでは、フェイル オーバー前にバーチャル マシンのプロパティの可用性の設定を割り当てることができますようになりました。この機能は、ネットワーク ロード バランサーを使用するすべてのオンプレミス アプリケーションを保護する必要があります。

  • VMware のシナリオで再試行できるは、災害復旧を有効にするようになりました。保護が失敗した場合、ジョブを無効にするか、保護を有効にするのではなくを今すぐ再起動することができます。

  • ポータル ユーザーは、アプリケーション ・ コンシス テントなリカバリ ・ ポイントへのフェイル オーバーを選択した場合に発生するのチェック、広告です。このような場合は、仮想マシンのような少なくとも 1 つのポイントが存在することの検証されます。

  • フェイル オーバーを実行する場合、仮想マシンの設定を変更すると、サブスクリプションの場合、仮想マシンのサイズの可用性のチェックが向上します。

  • HYPER-V の仮想マシンの場合、計画的フェイル オーバーが発生するか、フェイル オーバーが発生した後シャット ダウン] オプションを選択した場合、ソース仮想マシンがシャット ダウン力によってそれらがロックされている場合でも。

  • 予期しないフェールオーバーは、フェイル オーバーに変更されます。

修正される問題

  • VM のプロパティのチェックを追加するテストのフェイル オーバーが実行中である場合、編集可能な VM のプロパティは無効になっている不必要な変更が原因で発生するすべてのエラーを避けるためにします。

  • 更新モビリティ サービスのワークフローは、フェイル オーバーの仮想マシンに以前失敗しました。この現象は、以下の現象が発生するかどうかを確認するのには修正されています。
     

    仮想マシンの状態

    モビリティ サービスのワークフローの動作を更新します。

    保護されている (上の prem azure)

    ワークフローは、オンプレミスの VM で実行されているモバイル サービスを更新します。

    Azure へのフェイル オーバー

    再保護されるまで、ポータルはこのような仮想マシンのモビリティ サービスの更新がブロックされます。

    保護された (Azure の設置型)

    ワークフローは、Azure で実行されている VM で実行されているモバイル サービスを更新します。

    設置型へのフェイル バック

    再保護されるまで、ポータルはこのような仮想マシンのモビリティ サービスの更新がブロックされます。

Azure のサイトの回復を更新設置型のコンポーネント

シナリオ

手順

2 つの設置型 VMM のサイト間で

- または -

設置型 VMM の 2 つのサイト間で SAN アレイのレプリケーションを使用します。

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 17 をダウンロードしてください。

  2. リカバリ ・ サイトを管理している設置型 VMM サーバーの最初の更新プログラムのロールアップの 17 をインストールします。

  3. サイトが更新されて、回復した後、プライマリ ・ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムのロールアップの 17 をインストールします。

VMM のサイトを設置し、Azure の間

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 17 をダウンロードしてください。

  2. 設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 17 をインストールします。

HYPER-V のサイトを設置し、Azure の間

  1. Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーの更新プログラムのロールアップ 17 をダウンロードしてください。

  2. Azure のサイトの回復に登録されている場合、HYPER-V サーバーの各ノードには、プロバイダーをインストールします。

Azure への設置型 VMware/物理サイト間

  1. Microsoft Azure サイト回復の統合セットアップの更新プログラムのロールアップ 17 をダウンロードしてください。

  2. 設置、管理サーバー上で最初にこの更新プログラムをインストールします。サーバー構成およびプロセスのサーバーの役割を含むサーバーです。

  3. スケール アウト プロセス サーバーの場合は、次に更新します。

  4. Azure ポータルに移動し、保護されている項目またはレプリケートされたアイテムのウィンドウを検索します。

  5. このページでは、VM を選択します。

  6. 各 VM のウィンドウの下部に表示されているエージェントの更新] ボタンをクリックします。これは、すべての保護された仮想マシンのモビリティ サービス エージェントを更新します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×