Azure のサイトの回復用の更新プログラムのロールアップ 23

概要

この資料では、Microsoft Azure のサイトの回復の次のバージョンの更新プログラムのロールアップの 23 で修正される問題について説明します。

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.3100.0)

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.14.4804.1)。

については、問題を修正します。前提条件この更新プログラムをインストールする前にします。

概要

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 23 は、Microsoft Azure のサイト回復サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムに適用されます。これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure サイト回復プロバイダーには、System Center Virtual Machine Manager (3.3 。x.x)

  • Microsoft Azure サイト回復の HYPER-V のプロバイダー (4.6 。x.x)

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.2900.0)

Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.0.4016.1 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ (Azure に VMware) が適用されるは、23 のプログラムのロールアップを更新します。

修正プログラムおよびこの更新プログラムの改善

この更新プログラムを適用すると、以下の問題を修正すると、し、次の機能強化が含まれます。

Microsoft Azure サイトのリカバリのセットアップと構成サーバー用のテンプレートの統合

機能強化

  • この新しいバージョンは、vCenter サーバーと通信するために VMware 管理 SDK を使用します。PowerCLI への依存関係を削除します。

Microsoft Azure のサイトの回復 (サービス側の修正)

機能強化

  • Azure に Azure:Azure の 2 つの領域間で管理されるディスクに、Azure の仮想マシンの災害復旧を設定する機能が追加されました。(国内のクラウドに展開を行います) 。

  • に関するフィードバックは、保護を無効にする:は、仮想マシンの保護を無効にするためにフィードバックを提供できますようになりました。時の保護が削除されたことによって、仮想マシンをいくつかの保護を無効にするには、このフィードバック アンケートが認識されることにします。

  • Azure に HYPER-V のサイト:5 分間コピーの周波数を使用するには、15 分のコピー数を現在使用している・ レプリケーション ・ ポリシーが更新されます。この更新プログラムはレプリケーションのパフォーマンスを向上し、HYPER-V 仮想マシンを複製するため目標復旧時点が向上すると、します。15 分コピー頻度] オプションは、以降のリリースでは中止されます。

修正される問題

  • 認証サービスの更新に関する次の問題が修正されます。

    • Azure に VMM でのハイパー V:Vm は、複数の雲をわたって特定のボルトの内部エラーで更新プログラムの認証が失敗します。サービス側でこの問題が修正されます。

    • Azure への VMware:構成サーバーの登録時に生成されたパスフレーズが更新された場合、認証の更新失敗しているセキュリティ認証「の更新」レジストリ キーの更新に問題があるために失敗しましたエラーが発生しました。サービス側でこの問題を修正します。

Azure サイト回復の設置型のコンポーネントの更新

シナリオ

手順

Azure 地域間

  1. Azure ポータルに移動し、「リカバリ サービス ヴォールト。」に移動

  2. リカバリ ・ サービス ・ ボルトの Azure ポータルの [レプリケートされたアイテム] ウィンドウに移動します。

  3. 画面の上部にある次の通知] をクリックします。

    サイト回復レプリケーション エージェントの新しい更新プログラムがあります。
    の [インストール] をクリックします。

  4. Vm に更新プログラムを適用し、[ Ok] をクリックするを選択します。

2 つの設置型 VMM のサイト間で

- または -

設置型 VMM の 2 つのサイト間で SAN アレイのレプリケーションを使用します。

  1. 23 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. リカバリ ・ サイトを管理している設置型 VMM サーバーの最初の更新プログラムのロールアップの 23 をインストールします。

  3. サイトが更新されて、回復した後、プライマリ ・ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムのロールアップの 23 をインストールします。

VMM のサイトを設置し、Azure の間

  1. 23 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. 設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 23 をインストールします。

HYPER-V のサイトを設置し、Azure の間

  1. 23 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. Azure のサイトの回復に登録されている場合、HYPER-V サーバーの各ノードには、プロバイダーをインストールします。

Azure への設置型 VMware/物理サイト間

  1. 更新プログラムのロールアップ 23 Microsoft Azure サイト復旧のための統合セットアップをダウンロードします。

  2. 設置、管理サーバー上で最初にこの更新プログラムをインストールします。サーバー構成およびプロセスのサーバーの役割を含むサーバーです。

  3. スケール アウト プロセス サーバーの場合は、次に更新します。

  4. Azure ポータルに移動し、保護されている項目またはレプリケートされたアイテム] ウィンドウを検索します。

  5. このページでは、VM を選択します。

  6. 各 VM のウィンドウの下部に表示されているエージェントの更新] ボタンをクリックします。これは、すべての保護された仮想マシンのモビリティ サービス エージェントを更新します。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×