はじめに

この資料では、Microsoft Azure のサイトの回復の次のバージョンの更新プログラムのロールアップ 27 で修正される問題について説明します。

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (バージョン 5.1.3550.0)

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (バージョン: 9.18.4946.1)

  • Microsoft Azure 回復サービス エージェント (バージョン2.0.9125.0)

については、修正される問題の詳細前提条件この更新プログラムをインストールする前に検証する必要があります。

概要

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー用の更新プログラムのロールアップ 27 は、Microsoft Azure のサイト回復サービス プロバイダーがインストールされたすべてのシステムに適用されます。 これらを以下に示します。

  • Microsoft Azure の System Center Virtual Machine Manager (3.3 のサイト回復プロバイダー。x.x)

  • Microsoft Azure サイト回復の HYPER-V のプロバイダー (4.6 。xです。x)

  • Microsoft Azure サイト復旧プロバイダー (5.1.3100.0)

Microsoft Azure サイト復旧サービス統合のセットアップのバージョン 9.14.0000.0 またはそれ以降のバージョンがインストールされているすべてのシステムに Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ (Azure に VMware) が適用されるは、27 のプログラムのロールアップを更新します。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムを適用すると、以下の問題を修正すると、し、次の機能強化が含まれます。

モビリティ サービス

機能追加

  • SUSE Linux のエンタープライズ サーバーの 12 のサポート (VMware の仮想マシンと物理サーバの災害復旧)

  • Red Hat エンタープライズ Linux の 7.5 サポート (Azure の仮想マシンを VMware 仮想マシン、物理サーバの災害復旧)

Microsoft Azure のサイトの回復 (サービス)

機能追加

  • 使用可能なコアの不足がある場合サブスクリプションの場合、設定の問題」「ヴォールト」の概要です。」の下でのフェイル オーバー時に作成される仮想マシン警告が表示されますVM SKU ごとに 10% のバッファーは、フェイル オーバー時に一時的な仮想マシンを作成するためにこのコア数の計算に追加されます。

Azure のサイトの回復を更新設置型のコンポーネント

シナリオ

手順

Azure 地域間

  1. Azure ポータルに移動して、「リカバリ サービス ヴォールト。」

  2. 「回復サービス ボルト」の Azure ポータルで [レプリケートされたアイテム] ウィンドウに移動します。

  3. 画面の上部にある次の通知をクリックします。

    サイト回復レプリケーション エージェントの新しい更新プログラムがあります。 の [インストール] をクリックします。

  4. Vm に更新プログラムを適用するを選択し、[ OK] をクリックします。

2 つの設置型 VMM のサイト間で

  1. 27 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. リカバリ ・ サイトを管理している設置型 VMM サーバーの最初の更新プログラムのロールアップの 27 をインストールします。

  3. サイトが更新されて、回復した後、プライマリ ・ サイトを管理している VMM サーバーに更新プログラムのロールアップの 27 をインストールします。

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 VMM が、高度利用できる VMM (VMM のクラスター化) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすることを確認します。

VMM のサイトを設置し、Azure の間

  1. 27 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. 設置型 VMM サーバー上の更新プログラムのロールアップの 27 をインストールします。

  3. 最新のエージェントをインストールします。MARS エージェントすべての HYPER-V ホスト上.

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 VMM が、高度利用できる VMM (VMM のクラスター化) の場合は、VMM サービスがインストールされているクラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすることを確認します。

HYPER-V のサイトを設置し、Azure の間

  1. 27 Microsoft Azure サイト回復のプロバイダーのプログラムのロールアップを更新をダウンロードします。

  2. Azure のサイトの回復に登録されている場合、HYPER-V サーバーの各ノードには、プロバイダーをインストールします。

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 HYPER-V がホスト クラスター化された HYPER-V サーバーの場合は、クラスターのすべてのノードでアップグレードをインストールすること確認します。

設置型の VMware または Azure への物理的なサイトの

  1. 更新プログラムのロールアップ 27 Microsoft Azure サイト復旧のための統合セットアップをダウンロードします。

  2. 設置、管理サーバー上で最初にこの更新プログラムをインストールします。 これは、サーバー構成およびプロセスのサーバーの役割を含むサーバーです。

  3. スケール アウト プロセス サーバーの場合は、次に更新します。

  4. Azure ポータルに移動し、保護されている項目を検索し、またはレプリケートされたアイテムの選択] ウィンドウ。

  5. このページでは、VM を選択します。

  6. 各 VM のウィンドウの下部に表示されているエージェントの更新] ボタンをクリックします。 これは、すべての保護された仮想マシンのモビリティ サービス エージェントを更新します。

更新プログラムの情報

これらの問題を解決するには、ダウンロードして、Microsoft ダウンロード センターから以下のファイルをインストールします。

マイクロソフト サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法

マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

Microsoft Azure サイト復旧プロバイダーの更新プログラムのロールアップ 27 (バージョン 5.1.3550.0) をインストールするがインストールされている次のいずれかする必要があります。

  • Microsoft Azure HYPER-V 回復マネージャー (バージョン 3.4.486 またはそれ以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト復旧 HYPER-V のプロバイダー (バージョン 4.6.660 またはそれ以降のバージョン)

  • Microsoft Azure サイト回復のプロバイダー (バージョン 5.1.3100 またはそれ以降のバージョン)

Microsoft Azure サイト回復統合セットアップ更新プログラムのロールアップ 27 (バージョン 9.18 をインストールするのには。xxxx) がインストールされている、次が必要です。

  • Azure サイト回復統合セットアップ ガイド (Azure に VMware) (9.14 のバージョンです。xxxxです。xまたはそれ以降のバージョン)

注: これらの確認手順は、Windows クライアントにのみ適用されます。 コントロール パネルの [プログラムと機能] でインストールされているプロバイダーのバージョンをチェックすることができます。

再起動の情報

Center Virtual Machine Manager のシステムをホストするか、HYPER-V サーバーのコンピューターでこの更新プログラムの適用後にコンピューターを再起動する必要はありません。

この更新プログラムを自動的に停止し、更新処理中にシステム センターの Virtual Machine Manager サービスを再起動します。

再起動は、サーバーの構成の必要があり、この更新プログラムを適用した後、サーバーを保護します。

関連情報

については、用語 Microsoft を使用して、ソフトウェア更新プログラムについて説明することです。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

ヘルプを表示

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Microsoft Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

翻訳品質にどの程度満足していますか?
どのような要因がお客様の操作性に影響しましたか?

フィードバックをお送りいただきありがとうございます!

×